待合室へ



尿路結石

尿路結石というのは病名ではないので、正式名称は尿路結石症といいます。一般的には30~50代の男性によく見られる病気ですが、最近は若い女性にも増えています。尿路結石ができると、激しい痛みにおそわれるといいますが、なぜそのようなことが起きるのでしょうか?ここでは、主な症状や治療法などから尿路結石について説明しましょう。

どんな病気?

膀胱にたまった尿は、尿道を通って体外に排出されます。この尿の通り道を尿路といい、その部分に結石がたまってしまうことで、尿の流れが悪くなるのが「尿路結石」という病気になります。尿中に含まれるカルシウム、マグネシウム、尿酸などが腎臓で結石となりますが、カルシウムが含まれている割合は全体の約80パーセントにのぼります。結石は尿管や膀胱などに詰まると、激痛が起こります。水分不足以外に、馬蹄鉄腎(ばていてつじん)など他の病気が原因とも考えられます。結石がたまる場所によって腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石など、さまざまな種類があります。これらを全部まとめて「尿路結石」といいます。

主な症状

尿路結石の主な症状は、突然起きる脇腹の激痛のほか、血尿、吐き気、嘔吐などの症状が見られます。一番大きな症状としては、これまで経験したことのないような激しい痛みが挙げられます。最初は結石がある側の脇腹に強い痛みを感じ、尿は濁って、次第に血尿が出るようになります。そして、痛みは背中や下腹部、鼠径部(そけいぶ)、外陰部にまで広がっていきます。尿路結石は痛みの強さに波があり、数分おきに強くなったり、弱くなったりします。そのような状態が2~3時間続きます。

検査と診断

尿路結石に関しては、問診の時点で症状から診断することができるでしょう。尿路結石が疑われた場合、さまざまな検査を行い、より詳しく調べていく必要があります。まずは尿検査で、血尿や尿路かんせんがあるかどうかを確認します。次に超音波やCT検査で結石の大きさや位置、腎臓の状態などを診ていきます。たいていは、これらの検査で診断が確定します。このほか、超音波やCT検査をしてもハッキリと判明しない場合もあるかもしれません。そんなときは、造影剤を使って調べることになります。

治療法

尿路結石に対する治療法は、直径が5ミリ以下の小さなものであれば、できるだけ自然に尿と一緒に流れ出るのを待ちます。できるだけ多く水分補給をするように心がけましょう。とはいっても、頻繁に激しい痛みにおそわれるのではたまりません。痛みを和らげる治療として鎮痛剤や、けいれんを抑えるための鎮痙剤(ちんけいざい)などが処方されます。そのような薬物治療を行いながら、自然排出をうながします。それでも痛みがひどかったり、結石がだんだん大きくなる、血尿が止まらない、腎臓障害が認められた…などという場合は、外科的治療を行います。外科的治療といっても今は尿路結石で開腹手術をする病院は少なくなっています。その代わり、よく行われているのが体外衝撃波結石破砕術というものです。これは、体外から結石に衝撃波を当てて砕き、小さくなった石を尿とともに自然排出させるというもの。一度で砕けないときは数回行います。それでも砕けない場合は、尿道から内視鏡を入れ、鉗子(かんし)という医療器具で石を挟んで取り出したり、またはレーザーなどで石を砕いたりします。

予防法

尿路結石は一度できてしまうと、治療をして取り除いたとしても、どうしても再発しやすくなってしまいます。なので、一度尿路結石で治療したことがある人は、特に気をつけなければいけません。水分補給をたくさんして、尿の量を増やすことが一番の予防法といえるでしょう。理想的なのは、1日2リットルの水を飲むこと!ですが、いきなり2リットルは厳しいので、食後の水やお茶を1杯多く飲む…というような気持ちでいましょう。最初からあまり無理はせずに、毎日続けることが大切です。また、飲み物は水のほか、麦茶やほうじ茶などがおすすめです。


ページの先頭へ