待合室へ



腎臓がん

「腎臓がん」は、50~70代の男性が多く発病します。この病気は、尿を作り出すための尿細管細胞から発生するといわれています。治療が難しいといわれているにもかかわらず、「腎臓がん」の患者は年々増えています。ここでは、主な症状や治療法などを通して、具体的にどういった病気なのかを説明していきましょう。

どんな病気?

「腎臓がん」はその名のとおり、腎臓にできた悪性腫瘍のことをいいます。「腎臓がん」には、遺伝的な病気が原因とされる小児ガンの「ウィルムス腫瘍」と、大人によく見られる「腎細胞がん」がありますが、ここでは、中高年層に多い「腎細胞がん」について紹介したいと思います。私たちの体内には尿をつくるための器官として、尿細管というものが存在します。その場所にできた悪性腫瘍が「腎細胞がん」というわけです。これは、腎臓に発生するガンのうち、約90パーセントを占めています。必ず2つある腎臓のうち、どちらか片方にのみ発生します。


「腎臓がん」の原因はハッキリとわかっていませんが、考えられる要因としては、肥満、かんせん症、腎不全、喫煙、糖尿病、高血圧などが挙げられるでしょう。食生活の欧米化などが根底にあると思われます。

主な症状

「腎臓がん」が厄介なのは、初期には症状があまり見られないことです。ですが、比較的初期の症状としては、血尿があります。他の病気の症状としてあらわれる血尿に比べ、すぐにわかりやすく、痛みを伴わないという特徴をもっています。また、この血尿は何回かで自然に治まってしまいます。このほか、脇腹にできる腫瘤(盛り上がったかたいコブ)と脇腹全体の痛み…この2つの症状が「腎臓がん」では特徴的です。さらに発熱、体重減少、食欲低下、吐き気、貧血、全身倦怠感といった症状が認められます。ただ、これらの症状が出てきたときには、すでに病気がかなり進行していることになります。場合によっては高血圧、多血症、高カルシウム血症などを合併することもあります。

検査と診断

「腎臓がん」に対しての診断は、主に画像検査によって行います。まずは超音波検査を行い、腎嚢胞(腎臓にできる水がたまる袋)があるかどうか、腎血管筋脂肪腫といった別の病気との判別をします。さらにCT検査が施行されます。この検査で、腎臓の腫瘍性病変の大きさや広がりなどを調べます。静脈内の腫瘍塞栓やリンパ節への転移があるかどうかなども診ることができます。また胸部X線検査や肺CT検査も行って、肺への転移を確認します。骨転移への転移を調べるためには、骨シンチグラフィが有効でしょう。もし手術が必要であれば血管造影検査も重要になりますが、体への負担が大きいことなどから、行わない病院も多くなっています。ほとんどの場合、CT検査で必要な情報を得ることができます。

治療法

「腎臓がん」の治療法には手術治療、免疫療法、分子標的治療…主にこの3つが挙げられます。これらの治療法以外にも、放射線治療や抗がん剤による化学治療がありますが、「腎臓がん」にはあまり効果を期待できません。基本は手術が治療の中心になります。一般的には、ガンにおかされた腎臓をすべて取り除く根治的腎摘除が行われます。ですが、もし転移がなく、ガンの直径が4センチ以下であれば、ガンとその周囲の組織だけを切除する「腎部分切除」を行うこともできます。さらに、腫瘍の摘出が難しかったり、大きい腫瘍の摘出手術の際に事前の処置として、動脈塞栓手術を行う場合があります。人工的に腎臓の動脈を閉塞させることで、ガン細胞に酸素や栄養素が行き届かなくするための手術です。


免疫療法は、腫瘍がたくさんできている場合に、点滴または注射によって施されます。また、分子標的治療というのは、ガンの治療薬として新しく開発されたものを用います。この薬は、ガン細胞を集中的に抑制する働きをもっている優れものです。


ページの先頭へ