待合室へ



前立腺肥大症

男性だけが持っている臓器の前立腺が大きくなることで、尿道を圧迫し、排尿しにくくなる病気が前立腺肥大症です。主に、50歳以上の人が発症しやすいといわれています。ここでは、前立腺肥大症の主な症状や治療法などを紹介していくことにしましょう。前立腺肥大症と疑われるような症状があれば、早めの受診をおすすめします。

どんな病気?

前立腺は、もともと年齢とともに発育するもので、50歳くらいを境に横ばい状態になります。けれど、何らかの原因によって50歳を過ぎても、前立腺が肥大してしまうことがあります。これが、前立腺肥大症という病気になります。年齢を重ねるごとにどんどん肥大していき、そのうち尿道が圧迫されて排尿障害が起こります。発症年齢は人によってさまざまで、50歳を過ぎてすぐなる人もいれば、60歳を過ぎた頃に発症する人もいます。


前立腺肥大症の原因が何なのかは、まだ完全に解明されていません。ですが、年齢が大きく関係していることはわかります。年齢を重ねるにつれて、前立腺の外側の機能が低下し、内側の部分に男性ホルモンが取り込まれることで、前立腺の細胞が増えて大きくなっていくと考えられています。高齢の男性の多くがこの病気を患っているため、男性の更年期障害または老化現象の1つではないかという考え方もできるでしょう。

主な症状

尿が出にくくなる、残尿感を覚える、夜中に何度もトイレに起きる…これが前立腺肥大症の代表的な症状です。前立腺肥大症の症状は、第1病期から第3病期にまで分かれていて、それぞれ異なった症状が見られます。

第1病期(膀胱刺激期)

夜に何度もトイレに行く、勢いよく出ない、出るまでに時間がかかる、尿道や会陰部の不快感などの症状があらわれます。

第2病期(残尿発生期)

しばらくすると、特に残尿感が目立つようになります。この残尿感が引き金となって、膀胱内に結石ができやすくなってしまいます。また、血尿の症状が出ることもあります。

第3病期(完全尿閉期)

この頃には、昼間もトイレに行く回数が増えます。排尿に時間がかかり、尿が全然出なくなってしまうこともあります。こうなると、腎臓障害も起きてきます。

検査と診断

問診のあとで、直腸診で前立腺に触れて肥大の程度を調べます。前立腺は大きくなっていますが、触っても痛くはありません。また、血液検査をして腎臓の機能を調べます。もし前立腺がんが疑われるような場合は、腫瘍マーカー検査を行います。場合によっては、かんせんがないかどうかを調べるために、尿検査を実施することがあります。これらの検査を行っても確定診断できなかったり、進行の度合いがよくわからないときは、より詳しく検査する必要があります。超音波検査で前立腺の大きさや、排尿後の残尿量を調べます。尿道にカテーテルを挿入して、尿閉の程度を確認したりもします。


また、前立腺肥大症にかかっているかどうか、自己採点するためには国際前立腺スコア(I-PSS)が役立ちます。これは世界保健機構(WHO)によって、1995年に決められた世界共通のものです。インターネット上にもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

治療法

前立腺肥大症の治療法には、薬剤投与や手術があります。初期の段階では、まず薬剤投与で症状の改善を試みます。尿道を緩めて、排尿しやすくする薬を使います。そのほかにも、男性ホルモンを抑えることで、前立腺を小さくする薬もあります。一方、手術は薬物治療であまり効果が得られなかったときに行われます。手術方法は主に内視鏡による経尿道的前立腺切除術(TURP)、レーザー治療、温熱療法などが挙げられます。医師と相談しながら、症状に合わせた治療法を選ぶようにしましょう。


ページの先頭へ