待合室へ



性器ヘルペス

「性器ヘルペス」は、単純ヘルペスウイルスによって起こる病気です。この「性器ヘルペス」は男女ともに発症する病気で、水ぶくれが性器やおしりのまわりにできます。日本での患者数は年間7万2,000人にのぼるといわれています。ここでは、「性器ヘルペス」の原因や主な症状、治療法などを見ていきましょう。

どんな病気?

ある調査では「性器ヘルペス」と診断されたことがある人のうちで、男性は40代前半、女性は20代後半が一番多いという結果が出ています。20歳以上では、どの年代においても患者がいて、性病の中でも比較的ポピュラーな病気といえるでしょう。また、男性よりも女性に多く、その数は男性の約2倍とされています。


原因となる「単純ヘルペスウイルス」には、1型と2型という2つの種類があります。その中で、主に「性器ヘルペス」を引き起こすと考えられているのは、1型です。両方の種類に共通していえるのは、初めてうつったときに免疫ができても、体力低下などが原因になって再発するということ…。これが、「単純ヘルペスウイルス」の特徴なのです。性交などでヘルペスの病変部分に触ると、うつるので注意しましょう。また「口唇ヘルペス」の発症時にオーラルセックスをすると、相手の性器にうつってしまいます。

主な症状

「性器ヘルペス」の場合、症状があらわれる場所は男性が男性器とその周辺、女性が外陰部とその周辺となります。症状は一見似ているようですが、ちょっとした違いも見られます。

男性の場合

はじめは男性器やそのまわりがヒリヒリしたり、かゆくなったりします。症状が出る場所は亀頭や陰茎を中心に、太もも、おしり、肛門のまわり、直腸粘膜などになります。かんせんしたあと約2~10日経って、今度はかゆみを伴った赤い小さな発疹や水ぶくれが出てきます。そして、水ぶくれは破けると潰瘍になります。そうなると強く痛み出し、発熱を伴うこともあります。太もものリンパ節のはれや痛みなども認められます。

女性の場合

初めてかんせんした場合は、男性よりも強い症状が出ます。症状が出る場所は外陰部をはじめ、膣の入口、おしりなどになります。病気が進行すると、子宮入口の管(子宮頚管)や膀胱にも広がります。かんせんしたあと約2~10日経って、水ぶくれや潰瘍があらわれます。外陰部の強い痛みによって、排尿ができなくなる場合もあります。さらに太ももの付け根のリンパ節のはれや圧痛などが認められ、ときに発熱や頭痛を伴います。

検査と診断

「性器ヘルペス」は軽症であれば2~3週間で自然治癒しますが、重症の場合も考えられるので、症状が認められたらできるだけ早めに受診しましょう。男性の場合は泌尿器科、皮膚科、性病科、女性の場合は婦人科(産婦人科)、皮膚科、性病科が適しています。


「性器ヘルペス」は普通、視診や問診だけでも診断することができます。ですが、思い症状が見られたり、複雑な部分に病変があるときなどは、より詳しい検査を行って診断を確定する必要があります。病変部分からウイルスを採取して検査をします。場合によっては血清抗体検査を行うこともありますが、基本的に診断の確定には役立たないとされています。

治療法

「性器ヘルペス」と診断されたら、さっそく治療を開始します。主に薬剤を用いた治療を5~10日間行います。軽症であれば薬の服用ではなく、軟膏を塗るだけで済むこともあります。一方、重症なら、入院して点滴治療を受けなければなりません。残念なことに今のところ、ウイルスを取り除いて病気を完治させることはできません。症状を和らげたり、ウイルスの増殖を抑制する治療が中心になります。


「性器ヘルペス」は、再発しやすい病気として知られています。再発の引き金となるものには、過労や他の性病、性交、生理前、体力低下、精神的ストレス、紫外線など…さまざまなことが考えられます。あまり神経質になりすぎずに、心身の安定を保ちながら規則正しい生活を心がけましょう。


ページの先頭へ