待合室へ



ED(イーディー)

性機能障害の1つとして、テレビコマーシャルなどでも話題になっている病気がED(勃起障害)です。このEDを誰にも相談できずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。ここでは、主な症状や検査、治療法などを通してEDがどのような病気なのか見ていくことにしましょう。

どんな病気?

EDは勃起障害ともいわれ、英語の正式名称はErectile Dysfunctionとなります。また、インポテンツという言い方をすることもあります。このED(勃起障害)というのは、性交渉時に十分に勃起しなかったり、勃起が続かないために性交渉ができない状態のことをいいます。子供がほしいと願っている人にとって、夫婦生活をうまく営めない…というのは、大きな悩みです。日本では、約500万人がこの病気にかかっているといわれています。


さて、一体ED(勃起障害)は何が原因となって発症するのでしょうか。大きくは生まれつき勃起したことがない一次性のEDと、途中から発症した二次性のEDに分けられます。前者は、思春期の二次性徴があらわれていない男子に見られます。一方で後者は、20~40歳までの人の場合、精神的なものが原因になることが多いと考えられていて「新婚ED」などと呼ばれることもあります。これを「機能的ED」ともいいます。さらに、40歳以上の場合は加齢や糖尿病、心臓病、動脈硬化、うつ病といった慢性的な病気、骨盤・膀胱や前立腺、直腸の外傷、手術などが原因で、勃起障害が引き起こされます。これを「器質ED」ともいいます。このほか、頭部や脊髄の病気、外傷が原因となることもありますし、降圧剤、抗うつ薬などを服用すると副作用としてEDの症状があらわれる場合もあります。

主な症状

症状は軽いものから重いものまで、さまざまです。軽症の場合はたまに勃起しなくなるだけですが、重症になると常に勃起しない状態が長く続きます。“なかなか勃起しない”“満足いく性交ができない”“たまに勃起しない”など、感じる症状は人によってことなります。

検査と診断

恥ずかしさから、なかなか受診に踏み切れない人も多いことでしょう。ですが、今後のためにも気になることがあれば、早めの受診をおすすめします。まずは、受付で「ED治療を受けたい」という旨を伝えてください。もし恥ずかしいときは「先生に直接相談したい」と伝えれば大丈夫です。次に問診をし、必要に応じて血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図検査などを行います。ちなみに、今何か別の病気の治療で服用している薬があれば、必ず持参して見せるようにしましょう。また、各種検査に関しては、最近受けた健康診断や人間ドックで特に問題がないとわかれば、病院によっては改めて検査しないところもあるため、その時の検査結果も持参するといいでしょう。問診と検査結果から総合的に判断して、診断が下されます。診察室に入ってしまえば、医師と1対1…。恥ずかしがらず、不安に思っていることを素直に話しましょう。

治療法

ED(勃起障害)の治療法は、内服薬の服用が中心になります。ですが、なかにはED(イーディー)の治療薬を服用しなくても、別の病気の治療薬をいったん止めてみることで、症状が改善される場合もあります。一方、EDの治療薬には今いくつかの種類があり、自分の症状によって薬を選ぶことができるようになりました。他の薬とは一緒に服用できないものもあるため、事前に病院で必ず確認してもらうようにしてください。


心臓の病気などをもっている人は、薬物治療が受けられないことも少なくありません。そういった人や薬の服用で効果が見られなかった人には、陰茎海綿体注射をしたり、陰圧式勃起補助具などを用いた治療を行います。


また、治療にかかった費用はすべて自己負担となります。検査・治療内容によって費用は異なるので、詳しくは病院にお問い合わせください。


ページの先頭へ