待合室へ



膀胱炎

膀胱炎は女性に多い病気の1つで、膀胱が細菌にかんせんし、炎症を起こします。排尿時に痛みを感じる…といった理由などからトイレを我慢し、症状を悪化させてしまうことも少なくありません。主な症状や治療法などから、膀胱炎がどのような病気なのかを説明しましょう。早めの受診をおすすめします。

どんな病気?

女性に多い膀胱炎は、膀胱内に細菌が入り込むことで、炎症を起こす病気になります。10代後半から30代の女性がかかりやすいといわれていますが、そもそもなぜ女性に多く見られるのでしょう?女性は男性に比べて尿道が短いため、細菌にかんせんしやすくなっていますし、膣(ちつ;子宮から体外に通じる器官)や肛門と尿道との距離が短いことなどが理由として挙げられます。特に妊娠中の人は、膀胱炎になりやすいとされているので気をつけましょう。妊娠中は膀胱の中を常に何もない状態にしておくのが難しいため、発症頻度が高くなります。ちなみに、膀胱炎は急性のものと、慢性のものに分けられます。


そのほか、かんせん症を伴わない間質性(かんしつせい)膀胱炎というものもあります。この病気は、尿中にかんせん性の細菌などは認められず、発症の原因はわかりません。痛みを伴う頻尿などの症状が見られ、尿中には血や膿が混じっています。主に、中年女性が多く発症することで知られています。

主な症状

膀胱炎を発症すると、さまざまな症状があらわれます。主なものに、次のような症状があげられます。まずは尿が出切っていないように思う残尿感、膀胱に尿がたまっていないのに尿意をもよおす頻尿、排尿のはじめやあとに痛みを感じる排尿痛があります。これらの症状によって、常に下腹部の不快感が見られます。このほかにも、尿意切迫感、尿が白く濁る、血尿、尿がにおう…といった症状があらわれます。なかでも、血尿は膀胱炎が重症化したときに出ることが多いですが、膀胱炎以外の病気の可能性もあるので注意しましょう。

検査と診断

膀胱炎の場合は、問診と尿検査だけでほとんど診断することができます。尿検査では、炎症の度合いや細菌がいるかどうかなどを調べていきます。たいていの場合、これだけで膀胱炎と確定診断できますが、尿検査と同時に培養検査も行います。この培養検査で、原因となる細菌を特定します。ここで、細菌が見つからなかった際には間質性膀胱炎などの特殊な病気が疑われます。「これって膀胱炎?」と思うような症状が見られたら、すぐに受診してください。

治療法

膀胱炎の多くは細菌かんせん症なので、抗菌薬を投与する薬物治療が中心になります。薬を服用し始めて1~2日で、症状の改善が見られるでしょう。医師に指示された期間、しっかり服用するようにしてください。また、薬物治療のほか、十分に水分補給することも大事な治療の一環となります。頻尿や排尿痛といった症状があるために、トイレに行くことを嫌がり水分をあまりとらない人が多いでしょう。ですが、膀胱内の細菌を洗い流すためには尿の量を増やさなければなりません。なので、できるだけ多く水分補給するように心がけましょう。

予防法

一度膀胱炎になると、再発しやすくなるといわれます。なかでも、徹底した治療を受けていない人や性かんせん症にかかっている人、高齢者、尿路関係の手術を受けた人などは、再発の頻度が高まるので注意が必要です。十分な水分補給のほか、尿道のまわりは常に清潔に保つこと…これが基本です。また、トイレを我慢しない、下腹部を冷やさないことなどの重要な予防法になります。もちろん、栄養バランスのとれた食事をし、十分な睡眠をとって規則正しい生活をしてください。体調不良は膀胱炎に限らず、さまざまな病気の引き金になるため、十分に注意するようにしましょう。


ページの先頭へ