待合室へ



梅毒

ひと昔前までは「不治の病」として人々に恐れられていた病気が、梅毒です。この病気は、梅毒トレポネーマという細菌にかんせんして起こる性病になります。治療薬が見つかり、早期発見・治療で完治するようになった梅毒…。ここでは、主な症状や検査、治療法などを説明していくことにしましょう。

どんな病気?

梅毒は、男女ともに気をつけなければいけない性病の1つと考えられています。医療の進歩によって、昔のように「不治の病」というものではなくなりましたが、依然として怖い病気には変わりありません。梅毒にかかるとそれ自体の症状がいろいろと出るだけでなく、エイズウイルスなどにもかんせんしやすくなるので要注意です。


もし万が一、梅毒を発症してしまったら、周囲にはうつるのでしょうか。これは患者さん自身も、そうではない人も心配なことだと思います。梅毒は、性行為でうつります。皮膚や粘膜にできた小さなキズから病原菌が体内に入り込み、全身へと広がっていきます。口に梅毒の病変がある場合、キスをしただけでもうつってしまいます。また、以前は女性の場合、妊娠中に発症すると母親から胎児にうつるといわれていましたが、今は妊婦検診がしっかりと行われているため、ほとんど見られなくなりました。

主な症状

梅毒には症状があらわれるタイプと、何の症状もあらわれないタイプがあります。4期に分かれていて、男女に症状の違いはないと言っていいでしょう。今は第3期と第4期はほとんど見られなくなり、進行したとしても第2期止まりで、あとは快方に向うようになりました。

第1期

性交でかんせんしてから、約3週間後に最初の症状が出ることが多いようです。うつった部分の皮膚や粘膜に、小豆大くらいの痛みを伴わないシコリができます。そして、そのシコリは次第に真ん中がかたく盛り上がってきます。また、太ももの付け根部分がはれますが、これも痛みはありません。これらの症状は放っておくと、約2~3週間で消えてしまいます。

第2期

第2期になると病原体が血液中に入るため、全身症状が見られるようになります。顔や手のひら、足の裏にピンクのまるいアザや赤茶色の盛り上がった発疹が出てきます。さらに、脱毛の症状が出ることもあります。これらの症状は約3ヶ月から3年という長い間続いたあと、消えてしまいます。前兆として微熱や頭痛、全身の倦怠感、関節痛などの症状が出ます。

第3期

ここまで病気が進行するケースはほぼありませんが、念のために書いておきます。皮下組織に、少し大きめのシコリができます。このシコリは、結節性梅毒疹またはゴム腫などというものです。

第4期

もう末期の症状になります。心臓や血管、神経、目などがおかされて、重い症状があらわれます。

検査と診断

梅毒にかんせんしたことが疑われたら、一体何科を受診すればいいのでしょう?もし男性であれば泌尿器科、皮膚科、性病科などが適しています。一方、女性なら婦人科、皮膚科、性病科などがいいでしょう。男女どちらかでも梅毒が疑われる場合、そのパートナーもうつっている可能性があるので、必ず受診してください。


検査内容は、梅毒血清反応検査という血液検査と、かんせん部分の検査を行います。発症から4週間経ったら梅毒血清反応検査を受けることができます。そのほか、第1期と第2期の梅毒はかんせん部分から採取した体液を用いて顕微鏡検査を行い、診断することも可能です。

治療法

梅毒に対しての治療法は、主に抗生剤を使った薬物治療になります。梅毒の治療期間は第1期で2~4週間、第2期で4~8週間、第3期以上で8~12週間とそれぞれ異なります。各期間内にきちんと治療を受けても、その効果が確認できるまでにだいぶ時間がかかります。そのため、定期的に病院での診察や検査を受ける必要があります。完治のためには、医師の指示通りに薬の服用を続けなければいけません。また、定期的な診察もさぼらずにちゃんと受けるようにしましょう。


ページの先頭へ