待合室へ



泌尿器科

泌尿器科とは、腎臓、膀胱、尿管、尿道、陰茎、精巣、前立腺などの器官に関係する病気を専門的に扱っている診療科です。また、泌尿器科では性病についても診てもらうことができます。そのほか、代表的な病気としては腎炎、がん、膀胱炎、包茎、夜尿症などが挙げられます。

主な症状と病気

泌尿器科は、腎・尿路系、生殖器などの器官を取り扱っています。泌尿器科の専門医は全国的にみても少なく、男性の病気を専門に診察する、または性病の人が受診するというイメージが強くて知名度の低さが目立ちます。実際は、男女問わずに起こる腎臓や尿道に起こる病気を幅広く診察、治療します。ここでは、泌尿器科で扱っている主な症状と病気を紹介しています。

  横腹・下腹
の痛み
血尿 尿道の痛み 尿道の痒み・
違和感
排尿障害 性器の腫れ・痛み 発熱・倦怠感 その他
腎炎           むくみ・高血圧
尿道炎          
膀胱炎          
腎盂腎炎       吐き気・嘔吐等
腎不全             高血圧・心不全等
腎臓がん         体重減少・貧血等
膀胱がん          
尿路結石           吐き気・嘔吐
尿失禁              
夜尿症             夜間多尿
前立腺炎          
前立腺
肥大症
       
前立腺
がん
        夜間多尿等
精巣
上体炎
         
停留精巣               陰嚢の発育不良
陰嚢水腫               陰嚢の膨張
男性不妊               勃起障害等
包茎              
ED               早期射精
梅毒             しこり・あざ等
淋病      
性器
ヘルペス
        発疹・水ぶくれ

腎臓の構造と働き

腎臓はちょうど胃の裏側あたり、どちらかというと背中側にあります。背骨と肋骨の終わりの部分に左右1つずつあります。ソラマメのような形をしている腎臓は、大きさが自分の握りこぶし大とされ、約縦10センチ、横5センチ、厚さ3センチ、重さ150グラムといわれています。腎臓は大きく糸球体(しきゅうたい)と尿細管と呼ばれる部分からできています。腎臓に血液が入ると糸球体でろ過されて、尿細管に流れていきます。尿細管は、ろ過された物質の中から老廃物だけを尿として排泄する働きをもっています。さらにろ過された水分のほとんどが、この尿細管で体内に再吸収されます。このほか、 血液中の水分や塩分のバランスを一定に保ったり、ホルモンを分泌して赤血球を増やす、ビタミンDを活性化して骨を丈夫にする、血圧を適切にコントロールする…といった重要な役割を果たしているのです。

男女の生殖器の構造

男性と女性では、生殖器の構造が異なります。

男性の生殖器

体の内部にある内生殖器と体の表面にある外生殖器から成っています。内生殖器には、精巣(せいそう)、精巣上体(せいそうじょうたい)、精管、精のう、前立腺、尿道球腺ななどがあり、外生殖器には陰茎(いんけい)や陰のうなどがあります。精巣は、左右に1つずつあります。精巣は、卵の形をしていて重さは大人で約8グラムです。精子(せいし)や男性ホルモンもつくる役割を担っています。精巣上体と精管は、精子を運ぶ管で、この管を通って精子が泳ぐ能力を得ます。精管は、精巣上体管に続く管で、尿道につながります。精管は、精子をためています。精のうと前立腺は、膀胱のうしろにあり、分泌物を出しています。精のうと前立腺の分泌物と、精子が混ざったものを精液(せいえき)といいます。精のうと前立腺の分泌物には、精子を活発化する働きがあります。陰茎は、陰茎海綿体と尿道海綿体から成っています。尿道海綿体の中には、尿道があります。陰のうは、皮膚でできた袋で、中には精巣と精巣上体が入っています。

女性の生殖器

体の内部にある内生殖器と体の表面にある外生殖器から成っています。さらに、内生殖器には卵巣、卵管、子宮、膣(ちつ)があります。卵巣は、親指の先ぐらいの大きさで、左右に1つずつあります。卵巣の重さは、大人で4~10グラムになります。卵巣で卵母細胞(らんぼさいぼう)がつくられ、思春期になると排卵が始まります。排卵された卵母細胞は、卵子になります。また、卵管は左右にあって、子宮から卵巣に伸びています。長さは大人で約10センチあります。排卵された卵子は、卵管に入り、卵管内を通って子宮に運ばれます。子宮は骨盤の真ん中にあって、逆三角形の形をしています。妊娠すると、胎児はこの子宮内で育ちます。膣は、子宮と外生殖器をつなげる役割を果たしています。


ページの先頭へ