待合室へ



膣炎

膣炎とは膣に起きるかんせん症の総称で、女性にとってはとてもポピュラーな病気の1つです。決しておそろしい病気ではありませんが、治りにくかったり、治っても再発したりします。ここでは、膣炎の原因や主な症状、治療法などを紹介していきましょう。医師の許可が出るまで、治療を続けることが大切です。

どんな病気?

さまざまなことが原因で膣の抵抗力が弱ったり、性行為などによって菌がかんせんした際に、膣炎が発症します。その菌がうつってしまう原因も色々なことが考えられます。きつい下着で下半身を締めつけたり、生理用ナプキンやおりものシート、それからタンポンを長時間替えずにいたとき、トイレの際にビデで洗いすぎても、膣炎を発症しやすくなるといわれます。この病気にはいくつかの種類があり、非特異性膣炎、萎縮性膣炎、カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、淋菌性膣炎などが挙げられます。その中で、よく見受けられるものに、「トリコモナス膣炎」や「カンジダ膣炎」があります。前者の「トリコモナス膣炎」は、トリコモナスという原虫が原因で起こります。これは、主に性交渉によってうつります。一方で後者の「カンジダ膣炎」は、カビの一種とされるカンジダ菌によって引き起こされます。外陰部の清潔を保っていなかったり、他の病気で抗生剤を服用していることなどが原因になります。また、肥満や糖尿病、妊娠、体力低下などによっても起こります。

主な症状

膣炎を発症すると、かゆみやおりもの、外陰部が赤くなるなどの症状があらわれます。膣炎の種類によって、症状が出る頻度や程度も異なります。「トリコモナス膣炎」と「カンジダ膣炎」に関しては、かゆみや外陰部が赤くなるといった症状は、「カンジダ膣炎」のほうが強く見られます。「トリコモナス膣炎」のほうは外陰部の赤みはよく認められますが、かゆみはあったり、なかったりします。おりものの症状は、一般的にどちらも増えます。「カンジダ膣炎」の場合、ニオイはあまりなく、カッテージチーズのような状態です。また「トリコモナス膣炎」の場合、異臭を伴う黄色から緑がかった泡状のおりものが見られます。どの種類の膣炎でも、症状がひどくなると出血することもあります。

検査と診断

問診のあと、おりものを顕微鏡で観察します。それで白血球が増えている炎症反応が起きていれば、膣炎と診断されます。また、顕微鏡検査によって、原因となった病原体を顕微鏡下で検出することもありますし、場合によっては培養検査を行って、原因菌を特定していきます。膣炎の検査は簡単に受けることができるので、おりものに異常を感じたら、早めに受診しておきましょう。

治療法

膣炎の場合は、少し症状が和らぐと治療を途中で止めてしまう人が少なくありません。ですが、完治しないうちに治療を中止すると、必ずと言っていいほど再発を繰り返します。完治する病気なので、最後まで治療を続けましょう。また、性交渉が原因でうつった膣炎では、パートナーも一緒に治療することをおすすめします。膣炎は、薬物治療が中心になります。まずは、原因菌に効果的な薬剤を使い、それを取り除くことが重要です。膣内に直接挿入したり、口から服用したりします。また、軟膏の塗布などの治療も行いながら、患部を清潔に保つよう心がけましょう。


また、外陰部がムレないように日頃から気をつけましょう。きついガードルやストッキングの着用はできるだけ避けてください。下半身の通気性をよくしておくことが、膣炎を予防するポイントです。さらに整理用のナプキンやおりものシートなどは、こまめに取り替えるようにしましょう。タンポンの取り忘れにも気をつけなければなりません。


ページの先頭へ