待合室へ



子宮がん

色々なガンの中でも、「子宮がん」は治りやすい病気の1つといわれています。早く発見すればするほど、完治の確率は高くなるので、定期な検診を受けることをおすすめします。「子宮がん」が疑われたら、直ちに受診してください。ここでは、「子宮がん」の種類や主な症状、治療法などについて説明していくことにしましょう。

どんな病気?

一口に「子宮がん」といっても、発生する部位によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられます。それぞれどんな特徴があるのか、見てみましょう。

「子宮頸がん」

「子宮頸がん」の場合、子宮の入口にガンが発生します。発症頻度が一番高いのは40~50代とされていますが、最近は20~30代でこの病気にかかる人も増えています。一般的に「子宮頸がん」は性交渉が大きく関係していると考えられます。これは、原因となるウイルスが性交渉によって子宮に入るとされているからです。

「子宮体がん」

「子宮体がん」の場合、子宮内の子宮体部内膜というところにガンが発生します。食生活の変化などから、最近は「子宮体がん」が増加傾向にあります。女性ホルモンとの関係が深く、妊娠経験のない人、排卵障害がある人、また糖尿病や高血圧の人なども発症しやすいといわれています。一般的には、50歳前後の人に多く見られます。

主な症状

「子宮頸がん」と「子宮体がん」の各症状を紹介します。どちらの場合も初期段階では、特に何の症状も見られないのが特徴です。

「子宮頸がん」

性交渉による出血症状があります。また、何度も繰り返し不正出血を起こしたり、いつもピンクや茶色っぽいのおりものが出たり…といった症状も見られます。このような症状から、病気が進んでいることがわかります。さらに進行すると、痛みが出たり、全身状態が悪くなったりします。

「子宮体がん」

主な症状としては、不正出血やおりものの異常が挙げられます。また、「子宮体がん」の場合、ガン化する前の状態でも、不正出血の症状が出ます。子宮内膜増殖症が悪化し、ガンへ変わることがあります。

検査と診断

「子宮がん」に対しては、地方自治体などが集団検診を行っています。この集団検診に際して、ほとんどの場合は「子宮頸がん」が30歳以上、「子宮体がん」が50歳以上という条件があります。20歳でも心当たりのある人は自己負担となりますが、検査を受けるようにしましょう。検査方法も問診以外は、その種類によって異なります。

「子宮頸がん」

主に細胞診とコルポスコープ検査を行います。まずは、綿棒やブラシを使って子宮頸部をこすり、細胞を採取して顕微鏡で診る細胞診という検査をします。これで詳しくガンの状態を知ることができます。痛みを伴わず、短時間でできる検査です。より詳しく調べるために、コルポスコープという拡大鏡のような機器を使って、子宮頸部をチェックします。

「子宮体がん」

主に内膜細胞診と組織診を行います。内膜細胞診では細いチューブやブラシを子宮に入れ、子宮内膜の細胞を調べます。このほか、キューレットという細い金属棒の先に小さな爪のある機器で採取した子宮体部の組織を顕微鏡で検査する組織診も重要です。

治療法

どちらの「子宮がん」の場合も、手術治療が中心になります。もし、この治療法が難しいときは、種類や進行度、年齢、希望などによって、放射線治療や抗がん剤治療を行います。これらの化学療法は、手術治療と併せて施されることが多いです。また、手術に関しては、その病態によってさまざまな方法があるので、医師と相談の上で決めましょう。加えて、「子宮体がん」の場合は、手術以外にホルモン療法が効果を発揮することもあります。この治療法は初期の段階で子宮温存を希望する場合に行われるほか、再発のキケン性があったり、抗がん剤での効果が得られないときの補助的な役目をします。


ページの先頭へ