待合室へ



卵巣がん

女性がもつ臓器の中で、一番腫瘍のできやすい場所が卵巣といわれています。ですが「沈黙の臓器」と呼ばれることからもわかるように、病気になっても自覚症状がほとんど見られません。「卵巣がん」は、卵巣に悪性腫瘍ができる病気です。ここでは、「卵巣がん」の主な症状や治療法などを説明しましょう。

どんな病気?

排卵の都度、卵巣は傷ついて、そしてまた修復される…それを繰り返します。このことが、卵巣に腫瘍ができやすい原因の1つと考えられています。腫瘍のほとんどは良性ですが、なかには悪性のものが潜んでいたり、一部が悪性へと変わることがあります。「卵巣がん」という病気は、特に40~60代に頻発しますが、思春期以降であれば、どの年代でも発病の可能性があるため、よく知っておかなければなりません。一般的に「卵巣がん」と呼ばれる病気のうち、その多くは「上皮性卵巣がん」というものです。このほか、胃や大腸などの消化器系がんから転移したり、乳がんから転移した「卵巣がん」も増えています。

主な症状

卵巣は2つあって、1つがガンにおかされても、もう片方は正常に機能します。そのため「卵巣がん」は発見されるのが遅く、さまざまな症状が見られるようになったときは、病気がだいぶ進行した状態になっていることが多いでしょう。症状も「卵巣がん」に限ったものではなく、他の病気でも見られます。主な症状には、腹部の膨満感、腹痛、胃腸障害、頻尿、体重減少、腰痛などの症状があります。病院へ行こう!と思うような大きな症状が出ないため放っておくと、ガン性腹膜炎の症状が出てきて、突然お腹が膨れ上がりビックリして受診するケースも少なくありません。


ここで、「卵巣がん」の進行度を見てみましょう。

進行度

病態

症状

1期

卵巣の片方あるいは両方にガンが発生していますが、転移はしていない状態です。

下腹部に違和感・膨満感がある程度で、ほとんど自覚症状はありません。

2期

卵管や子宮などにも及んでいますが、骨盤内にとどまっている状態です。

1期の症状と、ほぼ同じです。

3期

骨盤の外にも及び、腹腔全体に広がっている状態です。

腹部にシコリが感じられ、腹水がたまり、腹部が膨れます。全身倦怠感や食欲不振が見られます。

4期

腹腔内を越え、肺や肝臓といった他の臓器にも転移している状態です。

3期の症状と、ほぼ同じです。

検査と診断

「卵巣がん」を診断するには、まず内診を行います。内診で腫瘍が確認されたら、今度は良性・悪性の判断をするために超音波検査、CT検査、MRI検査などが行われます。その結果、良性で特に症状がなければ、定期検診で経過観察をすることになります。特別な治療は必要ありません。これらの検査を行っても、病巣の状態がはっきりわからないときは、腹腔鏡検査を行い、細胞を採取して調べます。また、血液検査を行うことで癌細胞に反応する腫瘍マーカーを測定します。腹水がたまっている場合は、針で吸引し、癌細胞の有無を確認する場合もあります。このように、さまざまな検査を行っても、実際に良性か悪性を100%正確に診断できるとは限りません。場合によっては、実際に手術で腫瘍を取り出し、組織診を行うという方法が取られます。

治療法

「卵巣がん」に対しては、手術治療と化学治療が基本になります。まずは、手術でできるだけガン組織を切除します。ガン細胞が卵巣外にも及んでいる場合には、子宮や卵巣を摘出し、リンパ節なども切除することがあります。妊娠を希望する場合、早期の段階であれば、片方の卵巣と子宮を残す保存手術も可能なので、医師とよく相談して、治療方法を決めるようにしてください。また、手術治療とともに、化学療法も行われます。特に進行した「卵巣がん」に対しては、術後の再発防止のため、化学療法が効果的です。化学療法は副作用も強く、精神的にも辛い治療になりますが、医療技術の向上によって治療効果も高まっています。


ページの先頭へ