待合室へ



卵巣嚢腫

卵巣は、卵子や女性ホルモンをつくる役割を果たす、女性にとってはとても重要な臓器です。その卵巣に、水の入った袋のようなものができる病気が卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)です。多くは良性とされていますが、早めに検査する必要があります。ここでは、主な症状や治療法などから、卵巣嚢腫がどのような病気かを説明しましょう。

どんな病気?

卵巣の中に、水の入った袋のようなものができる病気を卵巣嚢腫といいます。より正確には、病気の原因となるものを指しているので、病名とは言い難いでしょう。この卵巣嚢腫という病気にはさまざまな種類があり、嚢腫の大きさも、小さなものから大きなものまで色々です。原因としては女性に多い、体の冷えが挙げられます。ほとんどが良性といわれていますが、なかには悪性のものもないわけではありません。ここで、卵巣嚢腫の代表的な種類を見てみましょう。

機能性嚢腫

排卵日頃に大きくなって、自然と消えていく腫瘍です。大きくなった卵胞がしばらく残っているのが、機能性嚢腫の特徴といえます。

単純性嚢腫

女性に多く見受けられる良性腫瘍です。腫瘍が小さくて無症状の場合は、基本的に経過観察となりますが、定期検査は受けるようにしましょう。

皮様嚢腫

中に油や髪の毛、歯、骨などが溜まる良性腫瘍です。最初は小さくても次第に大きくなっていくので、そうなった場合には手術が必要になります。

子宮内膜症性嚢腫

子宮内膜症が原因となってできる腫瘍です。卵巣内にチョコレート色に似たドロドロの血液が溜まるため、「チョコレート嚢腫」とも呼ばれています。

主な症状

卵巣嚢腫があっても、ほとんどの場合は無症状のことが多いため、気付かないこともあるでしょう。何か別の病気を診察してもらうために産婦人科を受診した際、偶然発見されることが多いです。

卵巣嚢腫が小さなうちは無症状ですが、大きくなってくると下腹部の膨満感のほか、まわりの組織や血管が圧迫されることによる頻尿、便秘、腰痛、下腹部痛などの症状が見られます。

また、卵巣嚢腫で注意しなければならないのは、茎捻転を起こしたときです。卵巣がクルッと1回転して、じん帯や卵管などがねじれた状態のことを「卵巣嚢腫の茎捻転」といいます。

この状態になると、激しい下腹部痛や吐き気といった症状におそわれます。茎捻転が起きることで卵巣の血流が途絶えてしまうため、短時間で卵巣が壊死してしまいます。

重症の場合、意識不明に陥ることもあります。

検査と診断

「主な症状」の項目で述べたように、自覚症状がないときは、妊娠などで産婦人科を受診した際に、偶然発見される場合がほとんどです。卵巣嚢腫を早期発見するためには、定期検診を受けるのが一番いい方法でしょう。卵巣嚢腫の診断は、内診で卵巣の大きさや硬さ、可動性などを調べたうえ、さらに超音波検査やCT検査などを行います。これらの検査によって腫瘍が認められたら、良性か悪性かの診断をしなければなりません。そのために、血液検査の腫瘍マーカーを調べたり、MRI検査やCT検査などを行います。

治療法

腫瘍が小さくて、明らかに良性だとわかる場合、特別な治療はせずに、定期検査で経過観察をしていきます。基本的には、大きさが7cm以上の場合には、手術治療を行います。もし悪性の疑いがまったくないと判断されたら、一般的には腫瘍のみを摘出します。ただ、腫瘍の状態や患者さんの年齢などによっても、治療の範囲は異なります。腫瘍が大きかったり、他の臓器との癒着が激しいときなどは卵巣ごと、あるいは卵管や子宮まで摘出することもあります。卵巣嚢腫が疑われた場合、その多くは手術治療が必要になります。医師の説明をしっかり受けて、さらによく相談した上で、手術を受けるようにしましょう。


ページの先頭へ