待合室へ



乳腺炎

赤ちゃんにおっぱいをあげるのは母親の特権であり、無上の喜びとされています。また、母乳は新生児に必要な免疫などが多く含まれている、まさに栄養の宝庫です。そんな母子にとって必要不可欠なおっぱいも、ちょっとしたきっかけで出なくなったり、詰まったりすることがあります。その代表的なトラブルが「乳腺炎」です。

どんな病気?

乳腺炎とは、何らかの原因によって乳腺が炎症を起こす病気です。主に「急性うっ滞性乳腺炎」と「急性化膿性乳腺炎」があり、それぞれ原因や治療法が異なります。急性うっ滞性乳腺炎は乳腺内に乳汁(母乳)が溜まり、痛くなった状態です。産後1~2週間の産褥期に起こりやすく、授乳に不慣れな初産婦さんに多くみられます。一方、急性化膿性乳腺炎は乳頭や乳輪から連鎖球菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が侵入し、感染を起こしている状態です。その多くは出産の2~3週間後に発症し、感染が長引くと乳房の中に膿が溜まることもあります。また、乳腺に慢性的な炎症が起きて繰り返してしまうものを「慢性乳腺炎」といいますが、これは陥没乳頭に起因したものがほとんどです。

主な症状

急性うっ滞性乳腺炎では乳房の腫れ乳房が赤く腫れあがり、痛みや熱を伴いますが、全身の発熱はありません。一方、急性化膿性乳腺炎は乳房の腫れや発赤、熱感などのほか、激しい痛みや発熱、リンパ節の腫れなどがみられます。また、慢性乳腺炎は乳輪の下に痛みを伴うしこりができて、次第に大きくなり、赤く腫れたり、膿が出たりもします。

検査と診断

乳腺炎を疑ったら、まずは婦人科(あるいは産婦人科)を受診しましょう。病院では医師による問診や視診、触診のほか、血液検査や乳腺エコー検査などが行われます。血液検査の結果、白血球数の増加やCRP値の上昇などが認められれば「乳腺炎」と診断されます。

治療法

急性うっ滞性乳腺炎の場合、まずはマッサージや搾乳で母乳の詰まりを取り除いたり、乳房を冷やしたりします。それでも熱が引かない場合は、専門医(婦人科など)を受診しましょう。一方、急性化膿性乳腺炎の治療は消炎鎮痛剤や抗生物質の服用が基本となるほか、乳汁の通りが悪い場合は一時的に乳汁分泌抑制剤を投与することもあります。膿瘍ができている場合には注射針で吸引したり、切開して取り出したりする必要があるので、なるべく早めに病院を受診してください。また、慢性乳腺炎は手術を要するため、専門は「乳腺外科」となります。

乳腺炎のセルフケア

患部を冷やす

乳房がカチカチに硬くなったら、いったん冷やして様子を見てみましょう。ただし、氷などで急激に冷やすことはオススメできません。冷やしても硬くなった部分がほぐれるわけではなく、なおかつ母乳が出なくなってしまうこともあるからです。氷などで急激に冷やすのではなく、冷却シートなどで穏やかに冷やすよう心がけてください。

食生活を見直す

母乳の元となる成分は「血液」です。血液の成分に影響する食事(高脂肪・高カロリーな食事など)は避け、穀物や野菜中心のヘルシーな食事を摂るようにしましょう。なお、乳腺炎の予防・改善にはあっさりした和食がベストです。

マッサージをする

乳管が十分に開いていないと、赤ちゃんが上手におっぱいを飲めません。赤ちゃんに母乳を飲んでもらわないと、乳腺は詰まる一方です。そこで、乳管を開くためにもマッサージを行いましょう。乳管は乳首に向かって放射線状に通っているので、乳輪の外側を中心にむかって揉むようにしてください。


ページの先頭へ