待合室へ



子宮内膜症

子宮の内側以外のところに、子宮内膜組織ができてしまう病気を子宮内膜症といいます。ひどい生理痛に悩んでいる人の多くは、この病気にかかっている可能性があるといわれています。ここでは、子宮内膜症の主な症状や治療法などを紹介していくことにしましょう。特有の大きな自覚症状がないだけに、注意が必要です。

どんな病気?

子宮内膜症は、本当なら子宮の内側(子宮内膜)にあるはずの組織の一部がそれ以外の場所で増えていく病気で、20~40代の女性に多く見られます。子宮内膜症が発生する原因や、そのしくみについて詳しいことは明らかになっていません。ですが、生理中にはがれ落ちた子宮内膜の一部が経血と一緒に体外へ排出されずに、卵管を通り、卵巣から腹腔にいくという説や、子宮内膜細胞が血管やリンパ管を通り、他の場所に移るといった説などがあります。頻繁に発症する部位は卵巣、子宮を支えている靭帯、小腸、大腸、尿管、膀胱、腟、腹部手術の傷あと、胸腔粘膜などが挙げられます。このような場所にできた子宮内膜組織は、まわりの組織を刺激して腹腔内の臓器の間に大きな瘢痕(はんこん)組織をつくり出し、癒着を引き起こすことがあります。

主な症状

子宮内膜症の主な症状は、生理痛(下腹部と骨盤部の痛み)です。この生理痛は、生理周期とともに変わっていきます。また、生理痛以外にも生理の量が多い、生理前に点状の出血があるなどの月経異常を伴うことも少なくありません。さらに、子宮内膜症になると、生理の際に子宮外で出血を起こして、そのせいでけいれんや痛みの症状があらわれます。病巣ができる場所によっては、生理時に気胸や血痰、下血、血尿などの症状が認められます。加えて、不妊もこの病気の症状の1つに数えられます。特に原因不明の不妊の場合、子宮内膜症が疑われます。なかには、子宮内膜症の病気そのものは軽くても、重い症状が出る人がいる一方で、子宮内膜症にかかっていても全然症状が出ない人もいます。

検査と診断

子宮内膜症の多くは、内診で診断します。子宮の後ろや卵巣の近くに腫瘤を見つければ、子宮内膜症の可能性があります。確定診断をするために、おへその下から腹腔鏡を入れて、腹腔鏡検査を行います。このとき臓器を観察しやすくするため、腹腔内に二酸化炭素ガスを注入して拡張させます。この検査で腹腔内の状態をチェックし、子宮内膜組織の断片を直接確認することができます。基本的に全身麻酔下で行いますが、入院する必要はありません。検査後は腹部に少し不快感を覚えることがありますが、1~2日で元に戻ります。また、腹腔鏡を使って組織の一部を採取し、顕微鏡で観察する生検も行います。このほかの診断法として子宮内膜症の進行度を調べたり、経過観察のために行う超音波検査、バリウムを使った注腸X線検査、CT検査、MRI検査などが挙げられます。

治療法

子宮内膜症に対しては、薬物治療または手術治療を行います。症状の種類、程度、進行度、年齢、妊娠希望の有無など、さまざまなことを考慮したうえで、どちらの治療法にするかを決めます。薬物治療には、生理時だけ鎮痛剤を使って症状を和らげる方法があります。加えて長期的な治療法として、偽妊娠療法や偽閉経療法が挙げられます。偽妊娠療法では擬似的に妊娠したような状態、偽閉経療法では擬似的に閉経したような状態に、それぞれしたうえで治療を施します。一方の手術治療にも、いくつかの方法があります。大きくは病巣だけを摘出して子宮や卵巣を温存する保存療法と、子宮と卵巣を摘出する根治手術に分けられます。妊娠を希望しない場合にのみ、根治手術が行われます。最近は、複式手術腹膣鏡下でも手術が行われることも多くなってきました。


ページの先頭へ