待合室へ



更年期障害

軽症・重症の差があるとはいえ、約半数の女性が時期になると経験せざるを得ない病気の1つに更年期障害が挙げられます。多くの女性にとって通過点となるため、これを“病気”と言うには少し違う気もします。ここでは、更年期障害の主な症状や治療法、上手な乗り切り方などを説明しましょう。

どんな病気?

更年期障害は、一般的に多少のズレはあるものの45~55歳くらいの間に発症します。主に女性が性成熟期から生殖不能期へとうつる時期になります。閉経以降の生活スタイルを改めて見つめ直すためのいい時期となるでしょう。この更年期には、ちょうどホルモンのバランスに変化が起こるため、自律神経失調症状と精神症状が互いに関係して、さまざまな病気(障害)を引き起こします。いわゆる不定愁訴の総称といわれています。


老年期に入っていく頃には、ホルモンバランスも安定して自然と更年期障害は治まっていきます。更年期障害で病院にかかっても、手術などの大きな治療は必要なく、上手に付き合っていくことで、いつの間にか治っています。あまり深刻に考えず、カラダがつらいときはしっかり治療を受けながら、周囲にもサポートしてもらって、穏やかな気持ちで過ごしましょう。

主な症状

更年期障害の症状は、血管運動神経系知覚系・運動器系精神神経系消化器系外分泌系泌尿器系・生殖器系…大きくこの6つのグループに分けることができます。人によってどんな症状が出るか、その程度も異なります。また、時間の経過とともに変わっていくのが更年期障害の特徴といえるでしょう。下記の症状のほか、全身の倦怠感や腹痛、むくみなどが見られます。

血管運動神経系の症状

ほてり、のぼせ、動悸、異常発汗、冷え

知覚系・運動器系の症状

しびれ、腰痛、肩こり、関節痛

精神神経系の症状

頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、不安、憂うつ

消化器系の症状

悪心(むかつき)、嘔吐、食欲不振、便秘

外分泌系の症状

口の中や外陰部の乾燥感

泌尿器系・生殖器系の症状

頻尿、排尿痛、性交痛、外陰部のかゆみ、不正出血

検査と診断

つらい症状で更年期障害の疑いがあれば、早めに専門医の診察を受けましょう。問診と併せて、まず血液ホルモン検査を行います。更年期障害は、卵巣機能がまだ変動している時期に見受けられるもので、時期によってその症状も変化します。そのため、一度だけ血液ホルモン検査を行ったのでは、女性ホルモンが正常な値を示す場合があります。この検査を数回行い、老化した卵巣を活発化しようとして脳下垂体から大量分泌される性腺刺激ホルモンの値が高いことを確認することが必要になります。これで、更年期障害と診断されます。

治療法

更年期障害の基本的な治療法は、卵胞ホルモンの補充です。この治療は特に発汗やほてり、性器出血などに効果を発揮します。多くは約1ヶ月程度で改善していきます。また、精神症状が強く見られる場合には、向精神薬や漢方薬などを使った薬物治療を施します。必要に応じて、ホルモン剤との併用治療が行われることもあります。病状に合わせて、さまざまな治療を行います。治療は医師の許可が出るまで、きちんと続けましょう。


このほか、患者さんの性格や精神状態、生活環境などが更年期障害に与える影響は少なくありません。なので、生活環境や習慣を変えることも症状を和らげるうえで、とても大事なことです。さらに、趣味を楽しんだり、ゆっくりお風呂に入ったり…心身ともにリラックスする時間をつくりましょう。そして、できるだけ明るい気持ちでいることを心がけましょう。もちろん、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠も忘れないでください。それでも日常生活に支障をきたすようなときは、我慢せずに医師の指示を仰ぐのもいいでしょう。


ページの先頭へ