待合室へ



AED

大勢のけが人や命を落とす人が出るような事件や事故が起こるたび、もっとAEDが多くあって、使い方を知っている人がたくさんいれば、救われる命がある…というようなニュースを耳にします。AEDとは、一体どんなものなのでしょう?ここでは、AEDの重要性や使い方などについて説明していきます。

AEDって?

AED…テレビや新聞で見聞きしたことはあるけれど、一体何?と思っている人も多いでしょう。日本語では、自動体外式除細動器となります。AEDは何らかの病気やけがなどによって、心臓がけいれんを起こしてしまい、全身に血液を送ることができなくなってしまったときに使う医療機器です。心臓がうまく機能しなくなった状態を心室細動といいますが、そんな状態になっているときにAEDで電気ショックを与えることで、心臓を正常な状態に戻すことができます。心臓の動きを自動的に分析し、必要な場合にだけ電気が流れるようになっていますし、音声案内が付いているので誰でも安心して簡単に使えます。

重要性

近年、世界的にもAEDがとても重要視されています。特に心筋梗塞などの病気が原因で急に倒れてしまった場合に、心臓の動きが悪くなる心室細動の状態になることが多く見受けられます。病気などで人が突然倒れた…などというときは、気が動転してしまい、人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生法といっても、思うようにできないことが少なくありません。その点、音声案内をしてくれるAEDなら、その指示に従うだけでいいので、精神的にも落ち着きを取り戻すことができるでしょう。しかも、簡単な手順ですばやくできるため、救命できる可能性も高まります。救急車が到着するまでのあいだ、心肺蘇生法の手順がよくわからず、結局何もできないで待っているより、AEDによる処置を施すことで、半数以上の命が助かるとされています。

使い方・注意点

AEDは、初心者でも簡単に使えるしくみになっています。機器によって多少の違いはあるものの、たいていはフタを開けると電源が入ります。あとは、音声案内に従って、すべきことをこなしていくだけです。慌てず、落ち着いて行動することを心がけてください。ここで、AEDの基本的な使い方を紹介しましょう。

1まず、フタを開けましょう。すると、自動的に電源が入り、音声案内が流れます。
2次に音声案内に従って、胸に電極パッドを貼りましょう。
3最後にボタンを押して、電気ショックを与えます。

このほか、AEDを使う際には、いくつかの注意点があります。1歳以上から使えますが、1歳以上8歳未満の子供に使うときは、小児用の電極パッドを使いましょう。もし、ない場合は成人用のものでも構いません。また、可燃性のガスや高濃度酸素があるようなところではキケンなので、使わないでください。さらに、AEDによる処置を受けている人には、絶対に触れてはいけません。

日本での普及状況

日本では、2004年7月から医療従事者ではない人でも、AEDを使えるようになりました。病院をはじめとする医療機関や救急車内だけではなく、空港、駅などの交通機関、学校、スポーツクラブ、公共の施設、企業といった大勢の人が行き来する場所に設置されています。設置数は年々増えてきてはいますが、それでもまだ足りないのが現状です。仮に人が倒れたその場所にAEDが設置されていたとしても、それ自体の存在を知らなければ、使われることはないでしょう。AEDそのものの認知度を上げていくことが、さらなる普及につながるのではないでしょうか。


また、さまざまな場所でのAED設置が進んでいる中で、人工呼吸や心臓マッサージの方法をより多くの人が習得する必要があります。救急車到着までのあいだに、AEDでの処置と併せて、これらの心肺蘇生法を行うことが重要になります。AEDの使い方や心肺蘇生法の講習は消防署や保健所、日本赤十字社、ほかにNPO団体などでも行われているので、ぜひ一度問い合わせてみてください。


ページの先頭へ