待合室へ



ER(救急救命室)

海外のテレビドラマなどにより、“ER(救命救急室)”という言葉がよく聞かれるようになりました。どこの医療機関でもERは不可欠なもので、もしなければ消え行く命がどれだけあるでしょう?ここでは、ERという場所、そこで行われている業務内容などについて説明していきたいと思います。

ERって?

ER(Emergency Room)は、日本語では救命救急室となります。ですが、一般的には場所名ではなく、北米型のERシステムのことを意味しています。北米型のERシステムとは、当直医や救命救急医が搬送されてきた患者さんを診察・処置した上で、病気やけがの緊急性や重症度を見極めます。それから必要に応じて、各科の専門医が緊急手術または入院治療にあたります。24時間365日、各科の専門医の協力がなければ、このERでの仕事はできません。日本でも近年、ERシステムを取り入れる病院が少しずつ増えてきました。

業務内容

次々と運ばれてくる緊急を要する重症の患者さんに、慌ただしく出入りする医師や看護師たち…。こうしてERの現場は、毎日がめまぐるしく過ぎていきます。そんなERでの主な業務内容を見てみましょう。

救急外来の初療

軽症から重症まで、いろんな病気やけがの人が救急外来を訪れます。基本的には当直医と救命救急医がともに、あらゆる病気やけがの診察を行います。救急外来は多くの患者さんで混み合うことがよくありますが、スムーズに診察が受けられるように統括することも仕事の1つです。

病棟業務

救命救急センターでの業務を行います。主に救急外来からの患者さんを診ます。重い病気や多発性外傷、さらには中毒などを取り扱います。さまざまな医療機器を用いて、重症患者さんの治療・ケアをします。

院内救急

救命病棟に限らず、病院内で要請があれば急変した患者さんのもとへ駆け付けます。また、病院内の救急体制を整えるため、システム作りや急変時の対応訓練なども欠かせません。いつ、何時連絡が入ってもいいように、万全の体制を整えておく必要があります。

部署について

ERには、次のような部署があります。それぞれの部署が連携して、質の高いケアをしています。病院によって、部署数は異なります。

救急初療室

救急車で搬送されてきた重症の患者さんは、最初にこの救急初療室で処置や診断を受けます。人工呼吸や緊急開胸術などのさまざまな処置が行われます。

ICU

ICU(集中治療室)では、救急搬送された心肺停止になったり、脳や心臓の病気、大やけどといった重症の患者さん、または心臓・大血管の手術を受けた患者さんなどに集中的な治療やケアを行います。

血管室

血管室では、心臓血管や脳血管、胸部、腹部、末梢血管の検査・治療を行います。急性の心筋梗塞や重症不整脈などに対しては、 緊急のカテーテル検査を速やかにできるような体制になっています。


ページの先頭へ