待合室へ



処方箋の見方

病気やけがで病院などの医療機関を受診すると、出される処方箋。その人の病状にあった薬を出してもらうために重要なものですが、処方箋の見方がよくわからない人も多いと思います。処方箋では、どんな薬がどれくらい出されたかなどを知ることができます。ここでは、処方箋の見方と併せて、院内処方・院外処方についても説明しましょう。

処方箋って?

そもそも処方箋とは、病気やけがの診察を受けた際、投薬が必要となった場合に使う薬の名前や量、用法などを記載する紙のことをいいます。医師または歯科医師によって書かれ、薬剤師がその処方箋の内容にもとづいて、薬を調合していきます。薬の名前、量、用法のほかに患者さんの名前、年齢、それから発行年月日、使用期間、病院もしくは診療所の名称と所在地または医師の住所が記載されています。加えて、記名押印か署名が必要になります。

処方箋の見方

病院で何らかの病気と診断されて投薬が必要となり、処方箋が出された場合には、とにかく薬剤師にそれを見せればいいと思っている人もいるでしょう。たしかに処方箋を薬剤師に見せて薬を受け取ればいい話なのですが、薬剤師からの説明を受ける前に、少しでも処方箋の見方をわかっていたほうがいいのではないでしょうか。素人は薬についての専門的なことはわからないので全部とまではいかなくても発行年月日と使用期間、そして薬名を自分で確認できるといいでしょう。また、自分の名前や生年月日に間違いがないかも忘れずにチェックしてください。


処方箋は発行日を含めて、4日間のうちに調剤薬局に出しましょう。また、同じ処方箋を何度も使うことはできないので薬がほしいときはその都度、医師に処方箋を書いてもらわなければなりません。内容を患者さん自身が勝手に書き換えることはできません。受け取ったら、なるべく速やかに調剤薬局へ持っていくようにしてください。

院内処方と院外処方

ここで、院内処方と院外処方について説明したいと思います。どちらの場合も、医師からの処方箋が発行されます。ただ、院内処方は病院や診療所といった医療機関内で調合した薬を出し、一方の院外処方は患者さんが持ってきた処方箋にもとづいて、近くの調剤薬局の薬剤師が調合した薬を出す…というものです。


薬を受け取る側からしてみれば、体調のすぐれないときに病院から出て薬局に行くのは負担になります。それなのに、なぜ院外処方があるのでしょう?病院ですべてのクスリがそろわなかったり、種類や処方量が多い場合、また値段の安いジェネリック医薬品を希望する場合などはどうしても院外処方になってしまいます。たいていは病院の近くに調剤薬局があるので、それほど身体へ負担がかからないように一応配慮はされています。

院外処方が増えている!?

最近は、院外処方を取り入れる医療機関が増えてきています。院外処方だと、飲み方や副作用についてなどの詳しい説明を薬剤師から受けることができます。もし万が一処方箋の内容に間違いがあったとしても、すぐに見つけて医師に連絡してくれます。こういったメリットがあることから、院外処方が多く取り入れられているのです。そのほかにも、有効期限の4日以内であれば、複数の医療機関から処方箋が出ていても、同じ薬局ですべての薬をもらえます。さらに、希望する人には服用時ごとに薬を一包みにし、飲みやすくしてくれます。ですが、メリットばかりではありません。院外処方は院内処方よりも、クスリの効果や副作用についてのより詳しい説明を受けることができるため、患者さんが負担する医療費が高くなってしまいます。それに、調剤薬局によってもクスリの値段が少しずつ違うというようなデメリットもあります。


ページの先頭へ