待合室へ



ジェネリック医薬品

最近、安い値段で購入することができる「ジェネリック医薬品」が、注目を集めています。普通の薬とは、どこが違うのでしょうか?欧米ではおなじみの「ジェネリック医薬品」は、日本でも少しずつ普及し始めています。ここでは、メリット・デメリット、入手方法などについて紹介していくことにしましょう。

「ジェネリック医薬品」って?

病気やけがの治療のために病院で処方される医療用医薬品は、有効成分が日本で初めて開発され、そして発売される先発品と、その薬の特許が切れてから発売される後発品に分けられます。先発品は特許を取得することで、開発メーカーが独占的に製造・販売することが可能になります。ただ、この先発品は開発にものすごく費用がかかるため、値段が高くなってしまいます。一方の後発品は「ジェネリック医薬品」ともよばれていて、有効成分や用法、用量、効能などが先発品と同じだと厚生労働省が認めた薬です。これは、先発品の特許期間(20~25年)が過ぎたあとに、他のメーカーによって安い値段で製造・販売されます。この後発医薬品が浸透している欧米では成分名(一般名)で処方されるため、“一般名”という意味のジェネリックをとって、「ジェネリック医薬品」といわれています。

メリット・デメリット

ここで、「ジェネリック医薬品」のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

なんといっても「ジェネリック医薬品」最大のメリットは、値段の安さではないでしょうか。新たに開発したわけではないので、開発費用があまりかかりません。このため、先発品の2~7割といった安い値段で販売することができるのです。私たち消費者にとっては、とてもありがたいことです。病気の治療などで頻繁に通院している人は色々とかかる医療費の中でも薬代がバカになりません。そういった面からも「ジェネリック医薬品」は、医療費をおさえるために役立ちます。

デメリット

デメリットというよりも、懸念点といったほうがいいかもしれません。少しずつ広まってきているとはいえ、その認知度がまだ低い。医師に「ジェネリック医薬品」をお願いしても、治療方針によって処方してくれない。お願いすること自体が何だか気が引ける。これらは多くの患者さんが思っていることです。また、病院側の懸念点としては、先発品とのあいだでの効果や副作用の差が挙げられます。有効成分は同じだとしても、その含有量や他の成分が異なる場合もあります。さらに情報が少ない上、取り扱い業者も少ないため、緊急時に対応できるか…という不安要素もあるようです。

どこで処方してもらえる?

「ジェネリック医薬品」がほしい場合は、かかりつけの病院または調剤薬局に相談してみましょう。患者さんにとっても大きなメリットがあるので、積極的な採用がすすめられていますが、それでも国内すべての医療機関で扱っているものではありません。病気によっては先発品のほうがいいこともあるので、まずは聞いてみてください。それから薬の値段が安くても、場合によっては負担額が変わらなかったり、反対に上がったりすることがあることを覚えておきましょう。よく相談してから決めることが大切です。

「ジェネリック医薬品」の今後

このようにメリットだけではなく、デメリットもある「ジェネリック医薬品」ですが、さまざまな問題を解消すべく、積極的に採用しています。国の医療費から患者さんの自己負担をおさえるという面から、「ジェネリック医薬品」には大きな期待が寄せられています。なかでも、治療にたくさんのクスリや高いクスリが必要となる病気を抱えている場合、「効果に変わりがないのであれば、安い薬を選びたい」という思いは強いでしょう。今は、データ収集やネットワークづくりなどのベースをつくっている段階になります。今後はますます注目度がアップしていくことでしょう。


ページの先頭へ