待合室へ



薬の種類

病気やけがを治療するために使う薬には、さまざまな種類があります。もちろん種類によって効果も異なるため、それぞれの病気に合った薬を使わなければなりません。病院で処方される薬でもこれはどういった種類なのかを知っておくことが大事ですし、市販薬を購入するときにも役立ちます。ここでは、薬の種類を見てみましょう。

どんな種類がある?

クスリには、本当に数多くの種類があります。

たくさんありすぎて、1種類ずつ名前を挙げていくわけにはいかないので、いくつかのグループに分けて紹介していきたいと思います。

主に“販売規制によるもの”“開発時期によるもの”“形状によるもの”の3つに分けられます。それぞれの違いや特徴がよくわかるのではないでしょうか。

病院で処方されたものを確認するときや、市販薬の購入時などにお役立てください。

販売規制によるもの

まず一番わかりやすい薬の分類として、医療用か一般用か…という点が挙げられます。もっと簡単に言うと、病院で処方されるものか、それとも薬店などで直接買えるものかということになります。医療用の薬は、患者さん1人ずつの病気の状態に合わせてつくられています。このため、効果は大きいですが同時に強い副作用が出ることもあり、私たち一般人が自由に購入することは許されていません。一方で一般用は、私たちが自由に購入することのできる市販薬です。市販薬は“OTC薬”ともいわれ、“オーバー・ザ・カウンター;薬局のカウンター越しに買える薬”という意味をもっています。病気への効果はもちろん、副作用についても知った上で購入しましょう。

開発時期によるもの

クスリの成分が開発された時期によっても、分けることができます。それは先発か、後発か…という点です。

先発品の場合は、成分が新しく開発されて始めて販売される薬で、“ブランド薬”ともいわれています。

一方、後発品とは先発品の成分がわかってから特許を取得したあと、一定期間がすぎて特許が切れた薬のことをいいます。

このような薬のことを“ジェネリック医薬品”といい、開発会社以外の会社も販売することができます。

ちなみに、この薬については【ジェネリック医薬品】のページで詳しく紹介しているので、併せてそちらもご覧ください。

形状によるもの

見た目(形状)によっても、いくつかの種類に分けられます。その前に、使い方による薬の種類を説明しましょう。内服薬と外用薬があって、その中でまた色々な形状に細かく分類されています。

内服薬

内服薬は、口から飲むものです。穏やかに作用します。ですが、効果があらわれるまでに時間がかかったり、場合によっては胃腸や肝臓を悪くしてしまうという欠点があるので、注意しなければなりません。

散剤

早く吸収されて分量を調節しやすいですが、飲みにくく保存性が悪いため、最近はあまり使われなくなりました。

顆粒

散剤の代わりとして、胃腸薬などに使われています。飲みやすさと保存性のよさが特徴です。

錠剤

飲む量がひと目でわかり飲みやすく、持ち運びにも便利です。トローチなども錠剤に含まれます。

カプセル

粉薬、水薬をゼラチンのカプセルに入れたものです。熱や湿気に弱いため、保存場所に注意する必要があります。

液剤

シロップタイプやドリンクタイプがあり、乳幼児用の薬によく使われています。変質しやすいため、有効期限に注意が必要です。

外用薬

外用薬は、皮膚や粘膜に塗ったり貼ったりするものです。患部に直接作用するため、効果が早くあらわれます。副作用が出ることもありますが、見つけやすいという利点があります。

軟膏

油脂剤とクリーム剤があります。基本的に皮膚薬として使われることが、多いです。

点眼薬

目薬のことです。液体以外にも、軟膏があります。さらに、点鼻剤や点耳剤もあります。

坐薬

肛門から直接入れます。効き目がはやく持続性もあり、胃への負担がありません。

貼付剤

多くは打ち身や筋肉痛などの際、皮膚に貼って使います。持続性があって、簡単に使うことができます

噴霧剤

吸入器や噴霧器で喉、気管、皮膚などに吹き付け、消毒したり炎症を鎮めたりします。呼吸とととのえて咳を鎮める効果もあります。


ページの先頭へ