待合室へ



薬局

医療機関と薬局は、切っても切り離せない関係にあります。よく病院の近くにはたくさんの薬局があったりすることからも、そのことが分かるのではないでしょうか。病気やけがなどの治療薬をつくるために、薬局は重要な役割を果たします。ここでは、そんな薬局の業務内容や薬剤師について説明していきましょう。

薬局って?

風邪などの病気にかかったり、ちょっとしたけがをした際には、薬局で市販薬を買うことも少なくありません。ここで紹介するのは“調剤薬局”といい、私たちが普段利用する薬局とは少し意味合いが違います。普通の薬局は、クスリの販売を目的として業務を行う場所のことをいいます。一方、調剤薬局とは病院などで出された処方箋にもとづいて、クスリを調合して患者さんに提供する医療機関になります。調剤薬局には、「処方箋受付け」という看板が掲げられています。また、院内処方の場合は病院内に薬務室または薬局薬剤科というところかあり、そこでクスリの調合などが行われます。最近は院外処方も増えているため、病院の近くにある調剤薬局でクスリをもらう場合も多くなっています。

業務内容

病院内の薬局、または院外の調剤薬局では、どんな仕事をしているのか具体的に見ていきましょう。

調剤業務

医師によって処方された薬を量や飲む時間帯、飲み合わせなどをチェックしながら、調剤しています。錠剤を砕いて粉にしたり、飲み方がわからなくなってしまわないように、服用時ごとに個別包装して1人ずつの病気の状態に合わせて、服用しやすく調剤しています。

注射管理業務

注射薬に関しても、慎重に取り扱わなければなりません。入院患者さんに使われることの多い注射薬は、投与量や投与方法、配合変化などを十分に確認した上で個人別のセットにしています。

医薬品情報管理

最新の薬剤情報を収集・整理して、医師や他の医療スタッフに提供するといった情報管理業務も行っています。さらに、調合した医薬品のことだけではなく、一般の医薬品に関する問い合わせにも対応しています。

薬剤管理業務

医薬品を適切に保管し、有効期限のチェックをしっかり行って、使えなかったり、必要なものが足りなかったりすることのないよう、きちんと在庫の管理をしています。そのほか、入院患者さんに対して、処方されている医薬品の情報提供をし、安心して服用できるように指導・説明を行います。この業務は、主に病棟専任の薬剤師によって行われます。

薬剤師

クスリはさまざまな病気の治療に限らず、その予防や健康を維持していくためにも使われています。1人ひとりの病気やけがの状態に合ったクスリを提供してくれるのが、薬剤師になります。薬剤師とは、医薬品などを取り扱う専門家のことをいいます。処方箋にもとづいた調剤や服薬の指導、市販薬の販売や相談などが薬剤師の主な仕事になりますが、ほかにも学校や保健所など働く場所によって、仕事内容にも少しずつ異なります。製薬会社でつくられてから私たちの手元に届くまで、全部の過程で薬剤師はとても重要な役割を担っているのです。


ページの先頭へ