待合室へ



血液内科

血液内科は、血液細胞をはじめ、骨髄、リンパ節、止血の異常など血液の成分に関係する病気を専門的に扱っている診療科です。生命維持のために重要な役割を担っている部分なので、血液内科での診察・治療は慎重かつ迅速に行わなければいけません。代表的な病気には貧血、白血病、血友病、悪性リンパ腫などが挙げられます。

主な症状と病気

血液内科は、私たちの体内を流れている血液の成分…赤血球や白血球、血小板などに関係する、とてもデリケートな部分を取り扱っています。

一般的に、血液に関する病気には難病といわれるものが多く、治療には豊富な専門的知識、経験、高度な技術を要します。

ここでは、血液内科で扱っている主な症状と病気を紹介しています。

  発熱 動悸・息切れ 疲労感・
倦怠感
出血 下痢 体重減少 リンパ節の
腫れ
斑点(発疹) その他
貧血           立ちくらみ・頻脈等
血友病                
白血病       喉の痛み・咳・青あざ
リンパ
浮腫
               
悪性
リンパ腫
          しこり・貧血・寝汗
膠原病               病気別の症状
エイズ     貧血

血液の成分と役割

私たちの体内には、血液が流れています。その血液は主に赤血球、白血球、血小板、そして血漿(けっしょう)から成っています。各成分の役割を紹介しましょう。

赤血球

ヘモグロビンという血色素により、酸素は運ぶ役割を担っているのが、赤血球です。ヘモグロビンの中の酸素の量によって赤血球の色にも違いが出ます。

白血球

体内に入り込んだ細菌や異物を退治して、体を守ってくれるのが、白血球です。

リンパ球

リンパ球は、白血球の一種になります。免疫グロブリンという成分を血液中に送って、抗原性細胞を退治します。

血小板

次に紹介している血漿の中にある成分とともに血液を固めたり、止めたりするのが、血小板です。

血漿

血漿のほとんどは、水分で、タンパク質が少し含まれています。体温調節、体の保護、止血などの役割を担っています。

血液循環について

体内を流れている血液は、心臓を中心に全身を循環しています。その循環ルートには大循環(体循環)と小循環(肺循環)があります。

大循環(体循環)

心臓と各組織とのあいだを循環する血液のルートです。左心室の大動脈口からはじまって、大動脈からいくつも枝分かれをして全身に広がっています。これらの動脈はさらに細かく分かれて毛細血管になり、各組織に血液を運びます。毛細血管は再び合流して静脈となり、やがて太い大静脈となって心臓に戻ってきます。

小循環(肺循環)

心臓と肺とのあいだを循環する血液のルートです。心臓から肺に行く肺動脈内には、二酸化炭素をたくさん含んだ静脈血が流れています。一方、反対に肺から心臓に向かう肺静脈内には、キレイになった動脈血が流れています。これは、肺で二酸化炭素と酸素が交換されて、血液が浄化されるためです。


ページの先頭へ