待合室へ



ビタミン欠乏症

私たちの身体の健康や成長に、ビタミンはなくてはならない栄養素です。ビタミンには様々な種類があり、身体の中で合成できるもの、合成出来なくて食事などから摂取しなければいけないものなどがあります。

どんな病気?

偏った食生活をしたり、アルコールの過剰摂取、胃や肝臓疾患、妊娠、出産などによって、身体からビタミンが不足してしまう病気です。

不足しているビタミンの種類によって、発症する場所や症状が変わります。以下の表は、ビタミンを多めに摂る必要のある人の一覧です。

逆に言うと、掲載しているビタミンが不足していると、ビタミン欠乏症になりやすいとも言えます。


あてはまる人

必要なビタミン

ストレスの多い人

ビタミンA、C、B1、B2

甘い物が好きな人

ビタミンB1

風邪や胃腸炎の人・手術後の人

ビタミンA、B1、C、E

筋肉運動をする人

ビタミンB1、B2、ナイアシン、E、C、βカロチン

妊産婦、授乳婦、発育期の子供

ビタミン全般

抗生物質を服用している人

ビタミンB2

菜食主義者

ビタミンB12

日光に当たる機会が少ない人

ビタミンD

日焼けをする人

ビタミンC、E、βカロチン

ピルを服用している人

ビタミンB1、B6、B12、葉酸、C、E

慢性の睡眠不足の人

ビタミンB1、B6、B12

喫煙習慣のある人

ビタミンA、C

主な症状

ビタミン欠乏症には前触れがあります。ビタミン欠乏症ではないのに、食欲もなく、疲労感や倦怠感を感じ、血液や尿検査をすると、ビタミン濃度が正常値よりも低くなっている場合があります。これはビタミン欠乏症の前触れです。

この状態が続くことでビタミン欠乏症になってしまいます。この状態を潜在性ビタミン欠乏症と呼んでいます。 潜在性ビタミン欠乏症をそのままにしておくと、体長も悪くなりますし、病気にもかかりやすくなります。 ビタミン欠乏症をそのままにしておくと、がんや動脈硬化、糖尿病などの発病にも関係すると言われています。

ビタミンAの欠乏

暗闇で物が見えにくい。進行すると角膜に潰瘍が発生。

ビタミンBの欠乏

眼や唇の周囲にただれが起きる。

ビタミンCの欠乏

歯茎の腫れや潰瘍。進行すると眼底出血や骨の痛みが発生。

検査と診断

ビタミン欠乏症の検査は、血液や尿の中の、ビタミンの濃度を検査します。検査によって、どのビタミンが不足しているのかが分かります。血液検査で、大きな赤血球があれば、ビタミンB12の欠乏症が疑われます。

治療法

ビタミンは、緑黄色野菜に多く含まれていますし、卵やレバー、牛乳、柑橘類にも多く含まれているので、意識して積極的に食べるようにしましょう。それでも補えない場合は、サプリメントなどを利用してもいいでしょう。

ビタミン過剰症

バランスのとれた食生活をしている限り、ビタミンの過剰摂取は起こらないと言えます。

ビタミン過剰症になるのは、特定の食品や、サプリメントでビタミン剤を摂りすぎたときに起こります。

水溶性のビタミンB群やビタミンCは、過剰になった分は尿と一緒に体外に排出されるので問題ありませんが、脂溶性ビタミンの場合は注意が必要です。

ビタミンA過剰症

ビタミンAの過剰症になると、頭痛、嘔吐などの脳圧亢進症、皮膚や粘膜の剥脱、疲労、筋肉痛、骨障害が起こります。

ビタミンD過剰症

ビタミンDの過剰症になると、全身の倦怠感、口渇、嘔吐、多尿、脱水、便秘、腎障害、精神抑うつなどを起こします。

ビタミンK過剰症

ビタミンKの過剰症になると、呼吸困難や皮膚に水泡などが現れます。


ページの先頭へ