待合室へ



胆管がん・胆嚢がん

肝臓の外の胆管にできたがんを胆管がん、胆嚢にできたがんを胆嚢がん、肝臓の中の胆管にできたがんを肝内胆管がんと言います。高齢化が進むにつれて、胆管がん、胆嚢がんも増加の傾向にあります。

どんな病気?

胆管がんも胆嚢がんも、症状が現れた時点ですでに進行がんであることが多いがんです。進行が早く、悪性度も高いために、早期発見、早期治療が望まれます。

胆管は膵管に乳頭部で合流しますが、この部分に膵管胆管合流異常という異常が認められる場合、胆道の中に膵液が逆流して、胆管がんや胆嚢がんの原因になることが分かっています。

胆嚢がんでは、その60%に胆石も合併していて、これまで胆石が胆嚢の粘膜を刺激することが、がん化の原因とされてきました。ですが、反対から見て、胆石に胆嚢がんが合併するのは、1~1.8%程度と少なく、胆石そのものの刺激ではなく、胆汁の変化、胆嚢の炎症が原因ではないかと言われていいます。

胆管がんは男性に多く、胆嚢がんは女性に多いと言われています。年代で見ると、最も多い年齢は70代ですので、加齢も危険因子になると言えるでしょう。

主な症状

多くの病気がそうであるように、胆管がんも胆嚢がんも、がんが小さい段階では特徴的な症状が現れることはありません。

胆管がんは、胆管が詰まって黄疸が起こり、それで気づくことの多い病気です。黄疸に発熱と痒みを伴うことがありますが、黄疸が出るまでは無症状のことが多いです。白っぽい便が出るようになり、尿の色も茶色くなります。

胆嚢がんも初期の段階では無症状で、病気が進行してから体重の減少や黄疸、食欲低下などの症状が現れます。胆石を伴っていることも多く、胆石からくる胆嚢炎の、上腹部の痛みや発熱、吐き気、嘔吐などの胆石症状で見つかることもあります。

検査と診断

腹部のエコー検査を行います。この検査では小さながん、早期のがんも発見できます。胆石が大きすぎてエコーで胆嚢が見えにくいときや、異常が疑われたときには、CT検査やMRI検査を行います。これらの検査で、がんの確認、広がりや転移の有無が確認できます。

閉塞が原因の黄疸がある場合、閉塞の状況を詳しく調べるために内視鏡的逆行性膵胆管造影や、経皮経肝胆道造影を行ったり、腫瘍の一部を採取して生検する場合もあります。

手術を前提として、血管造影検査を行うことも多く、がんと血管の関係を調べます。採血をして腫瘍マーカーを調べますが、必ずしも100%の検査ではありません。

治療法

標準の方法として、胆管がんでは67%、胆嚢がんでは70%の患者が手術でがんに侵されている部分全てを取り除く治癒切開術が行われます。

胆管がん

胆管がんは、がんのできる場所によって手術の方法が違います。中部から下部にがんがある場合、胆管と一緒に、十二指腸とすい臓の一部もとる、膵頭十二指腸切除という手術が必要になります。大掛かりな手術ですが、技術が進歩していますので、安心して受けることができます。

上部のがんで、肝臓の中の胆管もがんに侵されている場合、診断がしにくいだけではなく、手術も簡単なものではありません。肝切除が広範囲に及ぶ場合は、手術予定の2~3週間前に、経皮経肝門脈枝塞栓術と言って、特殊な薬を使って、切除する予定の肝臓の門脈を詰まらせます。こうすることで、取り除く予定の肝臓は小さくなり、残す肝臓は大きなままで、安全に手術を行えるようになっています。

胆嚢がん

初期の胆嚢がんの手術では、胆嚢そのものと周囲のリンパ節を取り除くだけで、術後の予後も良好です。進行した胆嚢がんは、胆嚢だけではなく、十二指腸やすい臓、肝臓の一部も一緒に取り除く、大掛かりな手術が必要になります。しかも予後の再発も珍しくありません。

手術以外の方法

手術ができない場合は、化学療法、放射線療法、温熱療法を行います。化学療法では、食欲低下や吐き気、貧血や白血球の減少、脱毛などの副作用があります。

放射線療法には、体外照射法と言って、体の外から放射線を照射する方法と、胆管腔内照射法と言って、がんとその周囲だけを胆管内から照射する方法があります。


ページの先頭へ