待合室へ



高脂血症

高脂血症という言葉は聞き慣れない人もいるでしょう。自覚症状がほとんどないので、健康診断をする習慣のない人は、自分が高脂血症であるということも知らずに過ごしている人も多く、自覚症状が出る頃にはかなり病状も進んでいますので、定期的に検査をしてチェックしておく必要があります。

どんな病気?

高脂血症は、血液の中に溶けているコレステロールや中性脂肪などの脂質の値が、異常に多くなっている状態のことを言います。その原因は大きく2つに分けることができます。

一次性(原発性)

原発性高脂血症は、これといって原因になる疾患もなく、薬なども服用していないにもかかわらず、高脂血症を示すものです。多くは遺伝性になり、脂肪の吸収や合成、または肝臓や血液の中での脂質代謝の経路のいずれかの場所に欠陥があり、高脂血症が起こるものです。

二次性(続発性)

続発性高脂血症は、元になる糖尿病などの病気や、アルコールの摂取のしすぎが原因で、血液の中の脂肪が増えてしまうものです。なんらかの病気が原因で起こる高脂血症は、病気治療をすると改善されるのが普通です。

主な症状

高脂血症の自覚症状はほとんどありません。そのため、気づいたときには心臓や脳での動脈硬化がかなり進んでしまっていることが起こりうるのです。

高LDL

血液の中にLDLが増えると動脈硬化が起こりやすくなります。冠状動脈に動脈硬化が起こると、心筋梗塞や狭心症、脳動脈では脳梗塞が起こります。他には、胸部や腹部に出来る大動脈瘤、下肢の抹消動脈硬化症も起こります。命にかかわるものですので注意が必要です。

高トリグリセリド血症

高トリグリセリド血症は、超低密度リポたんぱく質の増加によるものと、カイロミクロンの増加による場合があります。超低密度リポたんぱく質の増加によるものがほとんどですが、この場合にも動脈硬化が進みやすいと言えます。極端に増えすぎると、腹痛を起こしたり、急性膵炎を起こす場合があります。

家族性高コレステロール血症

家族性高コレステロール血症になると、コレステロールが含まれた斑状や腫瘤状の塊、黄色腫が目のフチやアキレス腱の部分に出ます。

検査と診断

高脂血症は自覚症状がほとんどないために、検査で発見するしかありません。12時間以上絶食して採血し、血液の中の血清脂質の値で診断されます。

(単位:mg/dl)

正常値

境界域

高脂血症

総コレステロール

200未満

200~219

220以上

悪玉コレステリール(LDL)

120未満

120~139

140以上

善玉コレステロール
(HDL)

正常値

低HDL症

40以上

40未満

血清トリグリセライド

正常値

高トリグリセライド血症

150未満

150以上

治療法

高脂血症は、放置しないで積極的に治療しなければいけません。治療は食事療法と運動療法で行います。この2つを行っても効果が出ない場合、薬物療法を行うことになります。

食事療法のポイント

まずは肥満を解消することです。中性脂肪を増やす原因となる果物や菓子類をあまり食べないようにし、アルコールの摂り過ぎも控えましょう。また、卵黄やベーコン、魚卵などのコレステロールの多い食品を控え、身体の酸化を防ぐビタミンA・C・Eを多く摂るようにします。大豆製品や青魚も、コレステロールや中性脂肪を低下させてくれますので、積極的に摂るようにしましょう。

運動療法のポイント

まず、運動を始める前に、糖尿病や高血圧のある人は医師に相談してから始めましょう。また、有酸素運動を12~15分以上行うようにします。できれば1回につき30分、週3回以上行うようにすると、3ヶ月もすれば効果が現れてくるでしょう。

薬物療法

上記のような食糧法や運動療法を行っても効果が現れない場合は、薬物療法で治療を行うことになります。LDLコレステロールを減少させる薬と、中性脂肪を減らす薬が使われます。


ページの先頭へ