待合室へ



骨粗鬆症

骨がスカスカになってしまう病気として知られている骨粗鬆症。高齢者に多く、体のバランスを崩して手をついたり、クシャミをしただけで、簡単に骨折してしまいます。それだけ骨がもろくなってしまう病気なのです。

どんな病気?

骨粗鬆症は、骨密度が減少してしまい、骨がスカスカになり、骨折するリスクが高くなる病気です。加齢と共に発症頻度も増えるという病気です。

骨量は20歳くらいでピークに達し、40歳頃までキープします。ですが、40歳を超えると徐々に骨量は減少していき、女性では閉経後10年、男性では1年に1%くらい、骨量が減っていきます。

骨粗鬆症になる原因は、単なるカルシウム不足と加齢だけではなく、いくつもの要因からなっています。いくつもの遺伝的素因、生活習慣因子との相互関係にあると言われています。

骨粗鬆症の危険因子

骨粗鬆症の危険因子は数多くあります。それらが複雑に関係し合って、骨がもろくなっていきます。

身体的な素因として、加齢によるものや人種によるもの、女性の場合は閉経も大きく関係します。家族に骨粗鬆症の人がいる場合、初潮が遅かった女性や閉経が早かった女性、極端に痩せていたり、過去に骨折歴がある場合にも危険因子となります。

生活習慣に関連する危険因子として、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKの不足、リン、食塩の過剰摂取、ダイエットなどによる極端な食事制限などがあります。また、運動不足や喫煙、アルコールの摂りすぎ、コーヒーの多飲なども挙げられます。

主な症状

骨粗鬆症は自覚症状があまりないために、気づくのが遅くなってしまう病気です。

背中が丸くなったり背が縮むといった症状は徐々に進行するために、目に見えて目立つ症状ではなく、見落としがちになります。

ですから気づいたときには骨粗鬆症がかなり進行していたということも少なくありません。 もろくなっている骨は、自分の体重で潰れてしまう圧迫骨折を起こすことがあります。

圧迫骨折では痛みを伴わないこともあり、ここまできても気づかない人もいます。

検査と診断

骨粗鬆症の検査には、いくつか種類があります。それらを総合して診断されます。診断の基準になるのは、骨のもろさ、骨密度、脆弱性骨折があるかどうかの3つになります。脆弱性骨折は自覚のない場合もありますので、X線検査は必須になります。

骨密度検査

骨密度は骨の強度を判定するものです。骨密度検査には3つの方法があります。

DXA(デキサ)法

2種類のX線で測定します。腰椎で測定することで、早期に病気を発見することができます。

超音波法

超音波をかかとやすねの骨にあてて測定します。

MD法

手の骨と、厚さの違うアルミニウム板を同時にX線で撮影し、濃度を調べることで測定します。

X線検査

骨折箇所や変形はないか、骨がスカスカになっていないかを胸椎や腰椎のX線写真を撮って確認します。他の病気と区別するためにも必ず行われる検査です。

身長測定

身長を測定し、25歳の時点からどれくらい縮んでいるかを調べます。これは骨粗鬆症の指標になります。

血液・尿検査

血液検査と尿検査によって、骨代謝マーカーを測定します。この検査で骨の新陳代謝の速度が分かります。骨代謝マーカーが高いと、骨密度の低下速度も速く、骨折の恐れが高いと言えます。

治療法

一番に行わなければいけないのは、食事の改善です。ビタミンDやK、カルシウムを意識して摂るようにしなければいけません。

嗜好品を摂りすぎないようにし、食塩やリン酸の過剰摂取も骨量の減少につながりますので注意が必要です。

骨粗鬆症で一番怖いのは骨折です。お年よりが大腿骨頸部骨折すると寝たきりになる場合もあります。

転んだり、激しい運動をしないようにすることも重要です。痛みに対しては、タンパク同化ステロイド剤が使われます。


ページの先頭へ