待合室へ



風邪(風邪症候群)

正確には風邪症候群と呼ばれている風邪ですが、誰もがかかったことのある病気でしょう。病院に行かないで市販薬で済ませる人も多いですが、症状が重い場合はきちんと医療機関の診察を受けなければいけません。特に、子供や御年寄りの場合、風邪をきっかけにして肺炎などを起こす場合もありますので注意が必要です。

どんな病気?

風邪の主な原因は、ウイルスによるものが最も多く、風邪全体の90~95%を占めます。

その数も200種類以上もあることが分かっています。その中でも、最も多いのがエコーウイルスやライノウイルスと呼ばれるものです。

注意が必要なものはRSウイルスと呼ばれるもので、大人は風邪の症状でとどまりますが、乳幼児の場合は細気管支炎や肺炎を誘発する場合がありますので注意が必要です。

また、ライノウイルスも子供の場合は上気道に炎症を起こすだけではなく、気管支炎を起こす場合もあります。

主な症状

風邪の症状の多くは倦怠感、寒気、発熱、喉の痛み、鼻水、鼻づまりなどですが、風邪の種類によっても症状は変ってきます。お年よりが風邪をひいた場合、食欲があるかないか、家族が注意してみていましょう。

食欲がないようでしたら、早めに医療機関を受診しましょう。

普通感冒

私たちが風邪と呼ぶものは、軽いものだと温かくしていれば2~3日で症状が軽くなります。喉の痛み、鼻水、鼻づまり、微熱で治まるものがほとんどです。

ウイルス性咽頭炎

アデノウイルスが原因になっていて、喉の症状が中心になって現れるものです。喉に違和感を覚えたり、赤くなったり、首のリンパ節が腫れるといった症状があります。まれに発疹が出ることもあり、38度前後の発熱があり、倦怠感、頭痛、食欲不振などの全身症状があります。しかし長引くことはなく、たいていは3~5日で治ってしまいます。

咽頭結膜熱

同じくアテノウイルスが原因で起こるもので、特徴は濾胞性結膜炎という目の病気も併発します。発熱の程度も高く、喉の痛みも強くなります。集団流行することもあり、プール熱としても知られています。

検査と診断

風邪だけでは中々病院に行かない人も多いのが現状です。発熱しても最初は様子をみる人が殆どでしょう。

病院に行っても、喉の奥を診て、聴診器をあてるくらいしか検査はないかもしれません。

咳が長く続くようですと、肺炎や気管支炎の場合もありますので、X線検査をします。症状が軽くても、だらだらといつまでも風邪をひいている場合、違う病気の可能性もあります。

『風邪は万病のもと』とも言われます。風邪のはずなのに、少しでもおかしいと思ったら、きちんと診察を受けることをオススメします。

治療法

風邪そのものを治す薬というものは存在しません。頭痛、喉の痛み、鼻水などのそれぞれの症状を抑える薬で対処することになります。

基本的には3原則となる、安静・保温・栄養を守り、ゆっくりと過ごすことです。ベッドや布団の中でじっとしていなければいけないという訳ではありません。

家の中で無理をせず、くつろいで過ごすことが肝心です。発熱している場合は、身体を横にしていた方が楽かもしれません。


季節が冬の場合、室温を適度に保ち、湿度にも気をつけましょう。こたつで温まるのは手足だけを温めることになりますので、好ましい状況とは言えません。部屋全体を温めて、身体を冷やさないようにしましょう。汗をかいたらそのままにせず、乾いた物に着替えます。着ている物にしみこんだ汗が蒸発するときに、体温も一緒に奪ってしまいます。


栄養を摂ることが大切ですが、風邪をひいていると胃腸の働きもにぶくなっていますので、食事のバランスを考えて消化の良いものを摂るようにしましょう。水分も多めに摂るようにします。


ページの先頭へ