待合室へ



肥満症

老若男女を問わず、ダイエットに関心のある人は多いです。若い世代だと、太っているとおしゃれを出来ない、年配になると健康に気を配って太らないように努めるでしょう。肥満は『肥満症』という立派な病気です。健康のためにも肥満を解消しなければいけません。

どんな病気?

肥満症は大きく2つに分類することができます。それぞれの肥満の原因を紹介していきましょう。

原発性肥満

原発性肥満は、単純に言うと『食べすぎ』による肥満です。食べすぎで摂取カロリーが過剰になったうえに、運動不足も肥満の促進となっています。肥満の95%は、この原発性肥満と言われています。特徴としては、食べ物の摂取量が多い他に、ドカ食いや脂っこいもの、甘い物を好む傾向にあります。原因は、環境因子、ホルモンの調節異常、代謝性因子、精神的因子などが複雑に絡み合って起こると考えられています。

二次性肥満

二次性肥満は、病気が原因で肥満になってしまうものです。症候性肥満、随伴性肥満などとも呼ばれています。糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能低下症などの内分泌系の病気に合併して起こる肥満や、食欲をコントロールしている視床下部の障害によるもの、副腎皮質ホルモンなどの薬剤性肥満などがあります。

主な症状

肥満は脂肪のつき方によって大きく2つに分けることができます。皮下脂肪型と内臓脂肪型がそうです。

皮下脂肪型

皮下脂肪型の肥満は洋ナシ型肥満とも呼ばれ、内蔵を囲むように脂肪がつきます。特に、下半身に脂肪がつきやすく、その体型から洋ナシ型肥満と呼ばれるのです。皮下脂肪型肥満の目安として、ウエストがヒップに対して0.7の比率とされています。皮下脂肪型肥満の場合、循環器などの疾患につながることは稀だと言われています。

内臓脂肪型

内臓脂肪型肥満は、脂肪が横隔膜に蓄積されるものです。比較的男性に多く、ウエストの周りがふくよかになるため、りんご型肥満とも呼ばれています。ウエストがヒップに対し、男性1、女性0.8以上の比率が目安になっています。内蔵脂肪型肥満は遊離脂肪酸になりやすく、脂肪が蓄積されやすいという性質があります。また、循環器系への病気にもつながりやすいタイプですので注意が必要です。

検査と診断

皮下脂肪、内臓脂肪の測定方法です。標準体重算定法も紹介しますので、自分の標準体重がどれくらいなのか把握しておきましょう。

皮下脂肪測定方法

皮厚計で肩甲骨下部と上腕背側部を測定

成人男性

35mm以上・軽度肥満:45mm以上・肥満

成人女性

45mm以上・軽度肥満:55mm以上・肥満

内臓脂肪測定方法

お腹の中央の脂肪をつまんだ厚さ→A
脇腹の脂肪をつまんだ厚さ→B
ウエスト(cm)÷(A+B)=X
X=17が標準値
17を超えている場合、内蔵脂肪型肥満の可能性あり。体脂肪30%以上の人に限る。

標準体重算定方法

体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}=BMI
BMI標準値:22 25以上の場合は肥満判定。
{身長(m)×身長(m)}×22=標準体重

治療法

肥満症の解消は、体重を減らすことです。病気からくる肥満の場合、病気の治療が先決になります。月に2~3kgを目標に減量しましょう。どうしても減食できない場合、病院での教育入院もありますので、1度医師に相談してみるのもいいでしょう。

また、運動もとても大事です。運動することによって脂肪燃焼が期待され、体重の減少にもつながります。肺や心臓の機能もアップしますので、運動することを習慣づけるようにしましょう。


ページの先頭へ