待合室へ



心身症

心身症は、心の問題の関わりが大きい、身体の病気の総称です。持続的な精神の緊張やストレスから起こります。神経症やうつ病などの、他の精神障害に伴う身体症状は除外すると、日本心身医学会で定義されています。適応障害との区別が曖昧で、同じ病気として扱う精神神経科医も少なくありません。

どんな病気?

日本心身医学会で規定されているものによると、心身症とは『身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的な因子が密接に関与し、気質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する』とされています。このことから、心身症は病名ではなく、身体の病気の状態を示す、いわゆる概念ということになります。特に、身体に出た病気の発症や経過に、心と身体が密接にかかわりあっているメカニズムを介した心理社会的要因が強く関係し、その多くは、治療の対象として、心理社会的要因を扱うことが必要と考えられています。心理社会的要因の影響を受けない病気は基本的にないと考えられていますが、特にこれらの要因が深く影響していると思われる身体疾患を心身症として扱っています。病名表記をするときには、『胃潰瘍(心身症)』といった形になります。

原因は?

心身症になりやすい病気の発症には、それぞれの病気特有の原因が考えられます。例えばストレスですが、発症や持続、慢性化の原因の1つとして考えられていて、脳にストレスが作用して、身体の機能や免疫に影響して関連すると生物学的には見られています。

また、心身症になりやすい人の性格の傾向として、アレキシサイミアというタイプがあります。自分の感情を意識的に理解することを苦手としたり、空想力や創造力の欠如が特徴となる性格傾向です。アレキシサイミアの人は、不安や不満などの感情を意識で理解する代わりに、身体で表現してしまうのではないかというメカニズムが考えられます。

主な症状

それぞれの病気に応じた症状が現れます。上記したアレキシサイミアですが、緊張や不安の強い人、感情をあまり表に出さずに、自己表現をするのが苦手な人のことを言います。日本語に訳すと、失感情症と言います。

検査と診断

これといって、心身症を診断するものはありません。診断は、症状や病気が発症したり、悪くなってしまう前に、ストレスの関与が認められたり、仮説したストレスを治療の対象として扱った場合に症状が改善することなどから診断されています。

治療法

基本的には、それぞれの病気に応じた身体医学療法に、併用して心理療法が取り入れられます。向精神薬が補助的に使われることもあります。

最初に身体に出ている病気に対して、適切な治療を行い、身体の苦痛の消失を測ります。その後、心身症としての身体的疾患の発症と経過に関係している心理社会的因子に対する治療が進められます。心の問題が大きく関係しているために、患者と医師の間に信頼関係が築きあげられているかどうかで、治療の効果は大きく左右されます。

身体の異常に気づき、内科などで一般的な身体医学療法を受けても、症状などが良くならない、コントロールできないなどの場合には、心身症かもしれないと考え、精神科や心療内科を受診するべきでしょう。

心身医学療法

心身医学療法には、いくつか方法があり、一般心理療法や自律訓練法、行動療法、バイオフィードバック療法、簡易精神分析、交流分析療法、ゲシュタルト療法、生体エネルギー療法、森田療法、絶食療法などの、12種類の治療法が保険診療で認められています。


ページの先頭へ