待合室へ



神経症

神経症は、統合失調症や躁うつ病よりも軽症で、病気の原因が器質的なものではない精神の病気です。軽度のパニック障害や強迫性障害などが当てはまります。かつては不安神経症や強迫神経症とも呼ばれていました。ここでは不安神経症について取り上げていきます。

どんな病気?

不安を主な症状とする神経症のことを『不安神経症』と言います。不安を感じたことのない人などいないと思いますが、何も考えられる原因がないのに不安が起こったり、原因があったとしても、必要以上に強い不安が起こってしまい、いつまでもその不安感が続くのが病気としての不安です。不安神経症では、この必要以上の不安や、それに伴う身体の症状が主症状になります。

現在、国際疾病分類では、『神経症』という用語は使われなくなっていて、不安神経症にあたる病気の診断名は、『パニック障害』や『全般性不安障害』という言葉が使われています。全般性不安障害は、慢性的に続く不安と、それに伴う身体の症状が特徴になります。

原因は?

神経症の原因は、一般的に心理的なものだとされていて、不安神経症の場合は、精神的なショックや悩み事、心配ごと、ストレスなどの精神的なものが原因だと思われるものもありますが、中には全く原因が思いあたらない場合もあります。精神的なものではなく、過労や睡眠不足、風邪などの身体の状態がきっかけになることもあります。

パニック障害の場合、原因となるものは何もなく、突然発症する場合が多く、全般性不安障害では、日常での様々なストレスがきかっけとなり、気づかぬうちに発症しているというのが一般的です。全般性不安障害では、元々不安を感じやすく、神経質な人がなりやすい傾向にあります。男女では女性に多く、男性の倍以上になると言われています。

主な症状

不安神経症には、数多くの症状が現れます。慢性的な不安、緊張、過敏、落ち着かない、イライラする、集中できないなどの精神的な症状だけではなく、首や肩のこりや筋肉の緊張、頭痛や頭重、動悸、息苦しい、振るえ、めまい、下痢、頻尿、疲れやすい、寝つきが悪い、すぐに目覚める、眠りが浅いなどの症状も現れます。

常に過度の不安や心配が続き、慢性的にこのような状態が続くのが特徴で、様々な症状が現れます。

患者自身は精神症状よりも身体に表れる症状を強く感じるため、何か重大な病気ではないかと思い、様々な病院で診察や検査を受けますが、身体に現れている症状の原因になるような病気が見つからないのが普通です。症状は慢性的に経過し、日常でのストレスを受けながら、良くなったり悪くなったりを繰り返します。途中、気分が沈んでしまい、鬱病になることもあります。

治療法

身体の症状を気にして内科を受診しても異常がない場合、精神科か診療内科で診察を受けましょう。不安になるのは病気のためだと受け止め、信頼できる医師のものとでしっかりと治療を行いましょう。

治療は、精神療法と薬物療法が行われますが、決まった薬はありません。日常生活の中でのストレスや悩みについて、医師に相談してアドバイスを受ける精神療法や、抗不安薬を使って治療が進められます。欝症状がある場合は、抗欝剤も使われます。

病院で治療を行っているからと言って完全を求めるのではなく、少しでも症状が良くなったのであれば、それをきっかけにして前向きになることが大切です。


ページの先頭へ