待合室へ



PTSD

PTSDは、心的外傷後ストレス障害と呼ばれるもので、心に衝撃的な傷を負い、その心の傷が元となって、あとから様々なストレス障害を起こす病気のことです。心の傷は、心的外傷やトラウマと呼ばれ、PTSDは様々な原因によって生まれます。

どんな病気?

PTSDは、死に行き着くような強烈な体験によって心が傷つき、PTSD特有の症状が現れるようになる障害です。


他人から陰口や悪口を言われたり、裏切り行為にあったことなどは含まれません。


以下の【主な症状】で挙げる3つの症状が、1ヶ月以上続き、仕事や生活に大きく影響を与えるものをPTSDと言います。

主な症状

PTSD特有の症状は、3つに分類されています。上記した通り、これらの症状が1ヶ月以上続く場合、仕事や生活にも影響が出ている場合に、PTSDと診断されます。

侵入症状

PTSDの原因になった出来事が、記憶の中で再生産されることを言います。

  • 出来事を誘因なく思い出される。子供の場合は、心的外傷に関係した遊びを繰り返す。
  • 悪夢。子供の場合は内容がよく分からない悪夢。
  • フラッシュバック、心的外傷の原因になった体験に関係する錯覚、幻覚、子供では原因になったことに関係する振る舞い。
  • 心的外傷に関連した様々な刺激による感じ方による苦痛。
  • 自律神経症状を現す。

回避と麻痺

辛い体験を思い出すことを避け、意識から記憶を切り離します。

  • 慢性的な無力感と無価値観が生まれ、周囲の人たちとは違う世界に住んでいると感じてしまう。
  • 感情や、物事に対する関心が狭くなり、喜んだり人を愛することが出来ない。
  • 心的外傷を受けた原因の記憶が部分的に健忘する。
  • 心的外傷に関係した刺激を避けようとする。

過覚醒

危険が常に続いているような張り詰めた状態を言います。交換神経系が緊張しているため、ほんの少しの物音などにも反応し、パニックなどになります。

  • 入眠困難
  • イライラ
  • 集中力低下
  • 張り詰めた警戒心
  • ほんの少しのことで非常に驚く

検査と診断

上記した症状の有無で、PTSDの診断がされます。症状の継続が1ヶ月以上あり、社会的にも精神的にも障害を起こしている状態であればPTSDと診断されます。症状の継続が3ヶ月未満の場合は『急性』、3ヶ月以上続いている場合は『慢性』となります。多くの場合は、大きなストレスとなるショックな出来事に遭遇してから6ヶ月以内にPTSDを発症していますが、中には『遅延型』と言って、6ヶ月以上遅れて発症する場合もあります。

治療法

PTSDは、通常の処理できる能力を超えた、極端なストレスが引きこすものと考えられているために、回復を望む患者にとって、コントロールが意識的にできない領域の減少であるために、PTSDからの回復はとても困難になります。一般的なケアと、専門的な治療に対応が分かれています。

ケアの方法は、安眠や安心、安全の確保に努力し、二次的なトラウマを事前に防ぎ、自然に回復するように促していきます。PTSDについて、心理的に働きかける教育も有効です。

急性期の症状が重い時期に、根掘り葉掘り聞き出すのはよくありません。デブリーフィングと言う名前で一時期対応していましたが、現在ではこの方法は否定され、行われていません。事情聴取で心理的な配慮がないものや現場検証が、PTSDを抱えている人にとってストレスになるということに注意しなければいけません。

専門的なものの治療としては、薬物療法を行います。SSRIという、抗欝薬の一種などが有効ですし、認知行動療法も有効になります。


ページの先頭へ