待合室へ



自律神経失調症

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れることによって起こる病気です。自立神経が乱れると、身体に様々な障害が出てきます。自律神経は、血管やリンパ、内臓など、自分の意思とか関係なく働く組織に分布する神経系のことで、呼吸や代謝、消化、循環などの、自分の意思とは関係がなく、生命活動の維持や調節をして、絶え間なく活動している神経のことです。

どんな病気?

自律神経失調症は、原疾患としてうつ病やパニック障害、身体表現性障害などが認められることが多く、元になっている病気が特定できない場合でも、ストレスが主な原因になっている可能性が高いため、適応障害と診断される場合もあります。

原因を特定できない内科医が、病気として認められない、漠然とした身体の不調の訴えをする患者に対し、納得させるための目的という否定的な見解もあり、内科で自律神経失調症と診断された場合には、改めて精神科や心療内科で診察・カウンセリングを受けることを勧められています。

原因は?

代謝や消化などの生命活動を活発にする働きのある交感神経と、その逆の働きをする副交感神経がありますが、12時間交代で、この2つの神経が入れ替わると言われています。ストレスや夜更かしなどで脳を休める時間が減ってしまうと、自律神経が興奮して自律神経が興奮して、交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れてしまい、自律神経失調症になると言われています。他に、自立神経の乱れは更年期などにもみられ、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている人もいます。

主な症状

自律神経失調症では様々な症状があり、患者それぞれで、症状が強く出たり弱く出たりします。患者によっては、他の症状があまり強く出ていないのに、特定の症状だけが強く現れる場合もあります。

具体的な症状として、めまい、冷汗、身体の一部が震える、緊張する場面ではないのに脈が速くなる、激しく血圧が上下する、立ちくらみ、耳鳴り、吐き気、頭痛、微熱、生理不順、過呼吸などの身体症状のほかに、精神的な人間不信や情緒不安定、不安感、イライラ、抑うつ気分、腹痛、下痢、胸焼け、食欲不振、頻尿、残尿、口渇、肩こり、全身倦怠感などの症状が現れることも多くあります。

検査と診断

自律神経失調症は、曖昧な概念のため、診断が難しい病気です。様々な角度から検査を行い、総合的に判断されます。検査において、全身の倦怠感やめまいなどの不定愁訴がある場合や、気質的な病変や精神障害がないこと、自律神経機能検査で異常が認められた場合には、自律神経失調症と診断されます。

面接

医師との会話や質問シートへの記入で診断されます。医師の観察や自覚症状、生活状態や性格など。

除外診断

似た症状を起こす、他の病気によるものではないかを検査します。心電図やX線検査、CT検査、血液検査などを行います。

自律神経機能検査

立位心電図やシュロング起立試験、マイクロバイブレーションなど、自律神経の働きに異常がないかを検査します。

心理テスト

質問シートへの記入という方法で行われます。症状の背景にある、心理的要因を探る検査です。

治療法

内科ではなく、多くは精神内科、心療内科に通院します。薬物療法で、抗不安薬やホルモン剤を使います。行動療法では、睡眠の周期を整えることが行われます。体内時計を戻すために、身体に強い光をあてる療法などもあります。自律訓練法で心因的ストレスを軽減させ、症状を改善する方法もあります。成長期で症状が一時的なものである場合、薬物療法などを行わず、自然治癒させることもあります。


ページの先頭へ