待合室へ



低血圧

ここでは低血圧ではなく、低血圧症についてとりあげていきたいと思います。高血圧と違い、特筆すべき合併症もありませんが、体に不調が出るために、改善するべき病気です。低血圧がひどすぎると、きちんとした治療が必要になります。中には、合併症ではなく、病気そのものから低血圧になっているものがありますので、注意が必要です。日常生活を送る上で、影響が出るほどの症状があり、自宅に血圧測定器がない場合、きちんと医師の診断を受けましょう。低血圧のタイプにより、生活指導や治療の内容が異なるためです。

どんな病気?

一般的に低血圧症は、最高血圧が100mmHg未満の場合のことを言います。症状がまったくない人もいますが、立ちくらみやめまい、全身の倦怠感や失神などの症状がある人もおり、そういった場合には治療が必要になります。

安静にしている状態でも血圧が低い場合、立っている姿勢を維持しているときや、体勢を変えるとき、横になっている状態から起き上がるときなどに、急激に血圧が下がる場合もあります。

低血圧症の原因は?

低血圧の原因は様々で、身体を循環している血液の量が減ってしまったり、心臓から送り出される出血量が低下したり、血液の粘り気や末梢血管の抵抗が減少することが原因になっていると考えられています。

原因が分からないものは本態性低血圧症と呼ばれ、原因になる病気がある場合は二次性低血圧症、立ち上がった時に起こる場合は起立性低血圧と呼ばれています。

その他の症状として、脱水や出血などで身体を循環する血液が減少したり、敗血症でのショックや、心不全で心機能が低下した場合、重症な不整脈の場合、降圧剤の過剰摂取や睡眠薬や麻酔薬によるものなどがあります。

主な症状

低血圧症の症状の現れ方も、それぞれのタイプによって異なります。本態性低血圧症の場合、慢性低血圧を示します。慢性低血圧は症状がゆっくりと現れて持続します。二次性低血圧症は、原因になる疾患にもよりますが、急性や慢性の症状が現れます。起立性低血圧の症状は、立ち上がったり起き上がったりと言った、体位の変換で急性の症状が現れます。全体的に見ると、1日の中で、朝や午前中に低血圧を起こすことが多くなります。

低血圧の多くは身体がだるくて食欲もなく、朝すっきりと起きられないことが多いため、日常生活を快適に過ごすことができないと言うことがあります。

検査と診断

常に血圧が低い状態で、めまいや倦怠感、立ちくらみの症状があり、原因になる疾患が明らかに認められない場合、本態性経血圧症と診断されます。症状に関係なく、原因になる疾患が分かっている場合、二次性低血圧症と診断されます。起立したときのみに症状が現れる場合は起立性低血圧と診断されますが、本態性低血圧症や二次性低血圧症と併発していることもあります。

治療法

高血圧の場合、血圧をコントロールして正常値にするために、生活習慣の改善を行っても効果がない場合は降圧剤を使って薬物療法をします。

一方、本態性低血圧症の場合、これと言って血圧を上げることを目的とした治療は行いません。自律神経症状や心気症的な症状が現れやすいので、こういった症状を改善することを目的とした治療法が選択されます。

薬物療法では自律神経を調整する薬を使ったり、精神安定剤が使われます。薬物療法を行う前に、生活習慣も改善しなければいけません。

二次性低血圧症の場合は、原因となっている疾患の治療が優先されます。原因疾患が改善されると、低血圧症も改善されるでしょう。


ページの先頭へ