待合室へ



心筋梗塞

心筋梗塞は激痛が走るイメージがあります。命にかかわる病気ですので、危険因子を取り除くことはもちろん、胸に違和感を感じたら、たとえ激痛ではなくても1度診察を受けましょう。初期の心筋梗塞であれば、適切な治療で回復できるのです。

どんな病気?

冠動脈に起こった動脈硬化で血管の内側が狭くなり、血液の流れが制限されます。冠動脈がふさがれてしまうと、おおよそ40分で心内膜の心筋の壊死が始まります。これが心筋梗塞になります。徐々に壊死は心外膜へ広がっていき、6~24時間後には心内膜から心外膜に心筋壊死が及び、貫壁性梗塞になります。

前触れとして狭心症の症状がありますが、半数は全くなんの前兆もなく発症し、予知するのが困難です。心筋が壊死するということは、心臓のポンプ機能が働かなくなるということですので、壊死が広範囲になると、心不全やショックを起こすことがあります。急性心筋梗塞での死亡率は減少してきていますが、それでも5~10%は命を落としてしまうものですので注意が必要です。

心筋梗塞の原因は?

動脈硬化によって形成された粥腫が冠動脈壁にでき、崩壊と血栓が形成されるために冠動脈の血流が急激に減少することから起こると考えられています。ただし、原因の全てが粥腫の崩壊によるものではなく、血管の狭窄が徐々に進んだものが原因となっているものも少なくありません。

何よりも、動脈硬化を進行させる危険因子を排除していかなければいけません。糖尿病、中性脂肪、高血圧、高脂血症、喫煙、運動不足、ストレスなどがありますので、治療できるものはしっかりと治療し、喫煙や運動不足など、自分で改善できるものはなるべく改善していきましょう。

主な症状

急性心筋梗塞の場合、特徴的なのが胸部の激痛や締め付け感や圧迫感です。胸の痛みは30分以上続くこともあり、冷汗を伴います。症状が重くなるとショック症状を現します。

痛みの出る場所は、前胸部や胸骨下に多く、痛みが散って下顎や頸部、左上腕などにも痛みを感じることがあります。心筋梗塞の痛みに伴い、呼吸困難や吐き気、冷汗、意識障害などがあるときは、重症であることが多いと言われています。

高齢者や糖尿病患者の場合、痛みを感じない場合もあります。

検査と診断

急性心筋梗塞の場合では、特徴的である持続する胸痛と心電図、血清酵素の上昇から診断することができます。簡単な心電図でも、診断にはとても有効です。心電図のT波、ST波で心筋梗塞の場所やどの冠動脈が塞がってしまっているのかが分かります。

エコー検査では、心筋の壁の運動を診ることで、診断の補助になります。エコー検査で分かることは、胸に感じる痛みが心筋梗塞によるものなのか、大動脈解離によるものなのか、鑑別診断に有用になります。

また、血液検査、生化学検査では、ベッドに横になったまま検査できるトロポニン、心臓型脂肪酸結合タンパクの測定が有用になります。

治療法

心筋梗塞の治療は、時間との戦い言ってもいいでしょう。梗塞を起こしている範囲が広くなるほど予後が不良になりますので、詰まった冠動脈をすみやかに開通させる必要があります。詰まった冠動脈を通す方法は、血栓を溶かす薬物を注射する方法と、カテーテルを使い、バルーンやステントを留置する方法などがあります。一般的には発症してから6時間以内であれば薬物療法を行い、12時間以内でバルーンやステントを行うインターベンションが行われます。


ページの先頭へ