待合室へ



心不全

心不全とは病名ではありません。心臓が弱った状態を表す症候名になります。治療せずに放置すると命にかかわりますが、薬物治療やペースメーカーを使うことで、予後の改善や生活の質である、クオリティ・オブ・ライフの向上が望めます。

どんな病気?

心不全には数多くの原因となる疾患があり、心臓がポンプとしての機能ができなくなる状態のことを言います。

ポンプの働きが低下すると、肺や末梢組織にむくみが出て、呼吸が苦しく感じるのがうっ血性心不全です。


心不全の原因

心不全の原因となるものは数多くあります。大きく5つのグループに分類すると、以下のような疾患が心不全の原因になります。

不整脈

心房細動、頻拍症、洞機能不全など

心臓への過負荷

弁膜症、先天性心疾患、高血圧など

心筋の障害

心筋症、心筋炎、心筋梗塞など

慢性的な低酸素

慢性肺疾患、貧血など

代謝異常

甲状腺機能亢進症・低下症など

主な症状

心不全を起こすと、十分に血液を送り出すことができなくて起こる症状と、身体に血液をうまく循環させることができなくて起こる症状があります。

身体に酸素が十分に行渡らなくなるので、疲れやすく、息切れがしやすくなります。また、細い血管にも酸素が行渡らないので、肌の色も悪く、手足の指先が冷たくなります。

血液の循環がスムーズにいかなくなることで、臓器に水分が溜まりやすくなり、すねや足の甲がむくむといった特徴があります。むくみは胃腸や肝臓にも及び、食欲がなくなります。

肺がうっ血すると肺に水分が染み出し、症状が進むと酸欠状態になってしまい、安静時でも呼吸困難になります。血流が減るために、腎臓では尿の量が減り、水分が身体全体にたまって体重が増加します。

心不全の重症度

心臓病のある人の重症度は、ニューヨーク心臓協会:NYHAの基準で決められています。

クラス1

日常生活の中で特に症状はなく、激しい運動をしたときなどにだけ動機や息切れがする。

クラス2

階段をのぼるときなどに、動機や息切れがする。

クラス3

安静時には問題がなく、普通の日常生活の中では息切れや呼吸困難になる。

クラス4

安静時でも呼吸困難になり、ちょっと動いただけでも症状が悪化する。

検査と診断

心不全の検査には、狭心症や心筋梗塞がないかどうかも重要になってきます。様々な検査があり、心臓の状態がよく分かります。

全身観察

心不全の徴候をチェックするために、首の血管の張り具合、肺の音、足のむくみなどをみます。

胸部X線検査

肺のうっ血、心臓の形や大きさをチェックします。

心電図検査

狭心症、心筋梗塞の有無や、心臓の壁の厚さ、不整脈などを調べます。

血液検査

心不全の重症度をみるために、心臓に負担がかかると合成され、分泌される脳性ナトリウム利尿ペプチドを測定します。

心臓核医学検査

運動負荷前後に微量の放射性物質を投与して造影することで、心臓の収縮機能や心筋の血流、梗塞の有無を調べます。

心エコー検査

心臓の状態を調べます。心臓にどんな疾患があるのかも調べることができます。

心臓カテーテル検査

冠動脈に狭くなっている所がないか、心臓の機能を評価するために、カテーテルを足の付け根や腕の動脈から入れて造影検査を行います。

治療法

心不全の治療は、何よりもポンプ機能を回復させることにあります。ポンプ機能の回復には、十分に心筋が収縮し、血流が全身に滞りなく巡る必要があります。

いきなり呼吸困難に見舞われたときや、血圧が下がったり、意識がなくなるなどの重い症状の場合には、CCU(心臓集中治療ユニット)に入院しなければいけません。

血圧測定、心電図、場合によっては心臓カテーテルが行われ、利尿剤や酸素補給、心臓のポンプ機能を強くする強心薬が使われます。一時的に人工呼吸器が使われ、重篤な状態を乗り切ることもあります。

進行が穏やかな場合、薬物治療が行われます。一般的には利尿剤を使って、余分な水分や塩分を排出したり、心拍を安定させるために心臓のポンプ機能を強める薬などが使われてきました。最近では、高齢者の心不全の生存率を高める薬などが出てきています。


ページの先頭へ