待合室へ



狭心症

狭心症は心臓の病気です。どんなことが原因でどんな症状が現れるのでしょうか。心臓の病気ですので早期に治療しなければ、心筋梗塞などを起こしかねませんので注意が必要です。

どんな病気?

狭心症は、胸に痛みが起きたり、圧迫感などが発作的に起こる病気です。


発作の起こり方やその原因で『労作性狭心症』『安静狭心症』『器質型狭心症』『異型狭窄症』『安定狭窄症』『不安定狭窄症』などに分けられています。


狭心症の原因は?

動脈硬化などで血管の内側が狭くなり、十分な血流や酸素が心臓に行き届かない時に胸に痛みを感じます。血管が狭くなる動脈硬化の原因の多くは、高血圧や糖尿病、高脂血症ですが、稀に血管痙攣も血管を狭窄させる原因になります。

主な症状

狭心症の主な症状の多くは胸の症状で、胸の奥の痛み、締め付け感、圧迫感、胸が焼けるような感じなどがあります。胃の周辺や背中痛、喉の痛み、歯が浮く感じ、左肩・腕にかけてのしびれや痛みとして感じることもあります。

痛みの強さは違和感を感じる程度から、冷汗をかくほどの強いものまで様々です。注意しなければいけないのは、糖尿病患者で狭心症がある人です。

糖尿病の患者で神経障害のある人では、狭心症発作が実際の痛みよりも軽く感じる場合があります。

労作性狭心症

労作性狭心症の場合、狭心症発作の症状は歩行時、階段昇降時などの労作、興奮やストレスが誘引となって起こります。発作は長くても15分程度でおさまり、安静にしたりストレスがなくなることで改善します。動脈硬化によって冠動脈が狭くなっていると、十分な血流が心筋に届かなくなり、狭窄の程度にもよりますが、動いたり運動しただけで狭心症発作が起こります。

安静狭心症

動作やストレスに関係なく狭心症発作が起こるものです。異型型狭心症や、不安定狭心症もこれに当てはまります。

異型性狭心症

冠動脈が痙攣して発作が起こる狭心症です。夜中や明け方に多く、労作とは関係ないのが特徴です。ニトログリセリンによって素早く改善します。

安定狭心症

労作性狭心症のほとんどがこの安定狭心症に属し、発作の起こり方が一定しているのが特徴です。

不安定狭心症

1日に何度も発作を繰り返したり、ニトログリセリンの効果が期待できなくなった狭心症です。冠動脈に重い狭窄がある場合が多く、心筋梗塞の危険性のある狭心症です。

検査と診断

検査は、狭心症であるかどうかの検査と、症状が似ている病気との鑑別診断が行われます。まずは、狭心症検査の方法です。

心電図

狭心症発作時には異常を認めます。安静時では異常のないことも多い検査です。

運動負荷心電図

冠動脈が狭くなっていて、十分な酸素が心筋に届いていなければ、典型的な心電図になります。
マスター法(階段昇降)、トレッドミル法(ランニングマシン)、エルゴメーター法(自転車こぎ)などの運動方法があります。

ホルター心電図

心電図を24時間測定する小型の機械です。異型狭心症の診断に有効です。

運動負荷心筋シンチグラム

放射性同位元素を使い、運動負荷前後で十分に血流が心筋内に足りているかを調べます。

心臓カテーテル

これまでの検査で、異常が疑われた際に行われる検査です。バルーン治療やバイパス手術を行うときには必ず行われます。

上記の検査の他に症状が似ている病気との鑑別診断も行います。

治療法

狭心症の治療は、大きく分けて3つの種類があり、薬物療法、カテーテルインターベンション、冠動脈バイパス手術があります。治療法は、年齢や症状、冠動脈の病変の形態、合併症の有無などによって決まります。

薬物療法

薬物療法は、血液をさらさらにする薬と、心臓の仕事量を減らす薬、心臓の負担を減らして血管を拡張する薬、カルシウム拮抗薬などが使われます。糖尿病、高脂血症、高血圧などの冠動脈の危険因子となる疾患の治療も平行して行われます。

カテーテルインターベンション

カテーテル検査同様、冠動脈に細い管を固定し、狭窄している部分にバルーンを持って行き、血管の内側についた、脂肪が沈着してできた盛り上がりを押し広げる治療法です。バルーンで血管を広げたあとに、金属でできたステントという網になった筒を血管内に留置することも多いです。近年では、このバルーン治療の他に、血管内の脂肪を削り取る治療も行われるようになっています。

冠動脈バイパス手術

全身麻酔で手術を行います。開胸して、狭くなった血管の先に、他の部分の血管をつなぐ手術です。1度心臓の心拍を止め、人工心肺装置を使います。バイパス手術には、内胸動脈や足の静脈が使われます。術後は2週間ほどで退院することができます。


ページの先頭へ