待合室へ



高血圧

血圧が高いというと、年配以降の人のセリフに聞こえがちですが、若い年齢層でも高血圧症の人は少なくありません。血圧が高いままでいると、様々な病気を呼んでしまうことにもなりかねませんので、早めに病院を受診して、しっかりと血圧をコントロールしていかなければいけません。

どんな病気?

高血圧は、常に血圧が高いままになっている状態の病気で、年齢が上になるほど多くみられます。正常血圧が120mmHg未満で、最低血圧が80mmHg未満となっているのに対し、最高血圧が140mmHg以上か、最低血圧が90mmHg以上の状態を、高血圧と定義されています。血圧を下げる降圧剤を服用している人が正常範囲内の数値でも、高血圧という診断になります。

日本での高血圧患者は3,000万人以上もいると言われていて、生活習慣病の1つと言われています。高血圧は、心疾患の危険因子にもなりますので、血圧のコントロールが必要になります。

高血圧の原因

高血圧は、本能性高血圧と、二次性高血圧の2つに分けられますが、90%は本能性高血圧で、原因不明とされています。遺伝素因や加齢などが関連し合って高血圧になるのではないかと考えられています。

残りの10%が二次性高血圧ですが、腎血管性高血圧、腎実質性高血圧、褐色細胞腫、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、大動脈炎症候群、大動脈狭窄などが原因になっています。

主な症状

高血圧は無症状なのが特徴です。たまたま血圧を測定してみて、高いのに気づくくらい自覚症状はありません。しいて言えば、血圧の上がりはじめに軽い頭痛や頭重感、倦怠感を感じることがあります。高血圧でもこれといって辛い症状がないからといって、治療をせずにそのまま放置しておくと、『高血圧性脳症』と言う、急激に血圧が200mmHgを超えるまで上昇し、激しい頭痛やめまい、吐き気、嘔吐、耳鳴りなどを起こします。また、致命的な高血圧緊急症になると、最低血圧が120mmHgを超えてしまい、激しい頭痛の他に、意識障害や痙攣、呼吸困難などを起こしてしまいます。

高血圧の合併症

自覚症状がないまま、高血圧を放置しておくと、様々な合併症が起こります。脳や心臓に合併症が起こると、命にかかわることになります。高血圧の状態が長期間続くことにより、腎臓の動脈に動脈硬化が起こり、腎機能が低下すると共に、腎移植をしなければいけなくなる場合もありますし、眼底の細動脈に動脈硬化が起こった場合、いきなり視力を失うことにもなりかねません。自覚症状がないからといって、怖くない病気ではないのです。

検査と診断

一時的に血圧が高いのは高血圧とは呼びません。いつ血圧を測定しても高い場合に、高血圧の数値を示している場合、高血圧とされます。

正確な血圧を測定するためには、デジタル血圧計ではなく、水銀の血圧計で血圧を測定します。最低でも5分間、体を動かさずに安静にし、心臓の高さで腕を保ち、少なくとも2回測定します。

高血圧の診断がされると、生活習慣をチェックし、糖尿病や高脂血症などの心血管危険因子を合併していないかの確認と、治療方針を決めるために、心臓や脳、腎臓や網膜といった、血圧が高いことで影響を受ける臓器を評価する検査が行われます。

治療法

治療として、まずは生活習慣を改善しなければいけません。減量を行うと、1kgにつき最高血圧が1~2mmHgくらい低下しますので、肥満のある高血圧患者は減量が効果的です。

有酸素運動を行うことも効果的で、長期的な有酸素運動は4~9mmHgほど最高血圧が低下します。食事では食塩の摂取制限をし、アルコールもひかえるようにします。

生活習慣の改善をしても血圧の降下に効果がない場合は、降圧剤を使った薬物療法が行われます。


ページの先頭へ