待合室へ



不整脈

不整脈は心臓のリズムが乱れてしまうものですが、原因となる疾患がある場合があります。それらは命にかかわるものもありますので、何が原因で不整脈を起こしているのか、きちんと調べる必要があります。

どんな病気?

心臓は、全身に血液を収縮して送り出すために、筋肉で出来ています。1分間に50~100回収縮していて止まることなく動き続けています。洞結節と言う、心臓の右上にある電気を出すところから、心臓に電気が流されると、心臓はそれに反応して収縮をするため、自分の意思がなくても勝手に動き続けているのです。この電気信号は規則正しく発信されていて、そのために心臓も規則正しく鼓動を刻みます。不整脈は、この電気の信号の乱れのことを総称して呼びます。細かく分類すると、不整脈は期外収縮と心房細動に分けられ、期外収縮のほとんどは治療の必要がないものです。

不整脈の原因は?

不整脈の原因で最も多いのは、心臓に病気がある場合です。狭心症や心筋梗塞、心不全などが不整脈の原因になりますが、これらの疾患を治療する薬の副作用によって不整脈が出ることもあります。それ以外では、全身状態の悪化に伴う風邪や脱水などのほかに、加齢で不整脈になることもあります。

中には心配のない不整脈もあります。心臓疾患のない健康な人でも、必ず1日の中で何度か不整脈を起こしています。こういった軽い不整脈の場合は治療の必要はありません。重要なのは、治療を必要とする不整脈かどうかの診断が正しく行われるということです。

主な症状

不整脈は、心臓の鼓動が1分間に100回以上と早くなったり、5回以下に遅くなったりと、鼓動のリズムが乱れるもので、それに伴う自覚症状が出てくるものです。脈が乱れたり早くなると、ドキドキと動悸がしたり、脈が飛ぶ感覚があります。反対に脈が遅くなりすぎると、血液が脳や身体にしっかりと循環しなくなり、倦怠感やめまいを覚え、ときには失神してしまいます。

中には全く自覚症状がない場合もあり、健康診断や、自分で脈に触れてみて気づく場合も多く、不整脈に気づかずに過ごしていて、突然の脳梗塞で検査をしたら、不整脈が原因になっていたということもあります。

検査と診断

不整脈を診断する基本的な検査は心電図検査になります。不整脈が起きると、心電図の波形が乱れたり、間隔に異常が出ます。測定された心電図の波形を見ると、不整脈の種類まで診断することができます。

ただし、通常の心電図では短時間の波形しか測定することができませんので、ホルター心電図検査が有用と言えます。

通常ホルター心電図検査は24時間ですが、場合によっては数日間続けることもあります。

治療法

不整脈の中でも、心筋梗塞や心不全などがない場合は特に治療を必要としませんが、脈がバラバラになってしまう心房細動では、単独では命にかかわることはありませんが、心臓の中に血栓ができて脳梗塞を起こしやすくなるので、血液をサラサラにする薬を服用して、脳梗塞を予防しなければいけません。

脈が速くなる発作性頻脈症ではいきなり動悸がはじまり、突然正常に戻ります。命にかかわることは滅多にありませんが、強い自覚症状が出るために不安感を抱くことになりますので、薬の内服でこのような発作を防ぐことになります。

脈が遅くなってしまう不整脈では、1分間に心拍数が40回以下になってしまったり、5秒ほど留まってしまう場合があります。心臓が鼓動していなければ脳に行くべき血流も止まりますので、めまいや失神を起こしてしまいます。治療法としては、ペースメーカーを身体に入れる手術を行います。


ページの先頭へ