待合室へ



動脈硬化

身体の隅々まで栄養と酸素を運んでいるのが動脈です。この動脈に起こる病気が動脈硬化です。動脈硬化は様々な病気で起こりやすくなりますので、原因になる疾患の治療を怠らないようにしなければいけません。

どんな病気?

動脈の弾力が失われ、硬くなって動脈の内側に、様々な物質がついてしまって血管が細くなり、血流が滞ってしまうことを動脈硬化と言います。

動脈硬化は3種類に分類されていて、『粥状硬化』『細動脈硬化』『中膜硬化』に分けられています。

動脈の構造は、内膜と中膜、外膜からなりますが、
『粥状硬化』は太い動脈、細動脈硬化は細い末梢の動脈が硬化を起こし、中膜硬化は中膜に動脈硬化が起こります。

動脈硬化の原因は?

大動脈、脳動脈、冠動脈などの太い動脈の内膜に、コレステロールなどの脂肪からできる粥腫ができ、徐々に肥厚して動脈の内側が狭くなります。この粥腫が破れて血栓ができ、完全に動脈が塞がります。

脳や腎臓の細い動脈が硬化して起こるのが細動脈硬化ですが、高血圧の状態が長期間続くことで起こります。

動脈硬化の危険因子としては、高血圧、糖尿病、高尿酸血症、肥満、運動不足、喫煙、ストレス、遺伝素因などがあり、それぞれが相互に関係し、危険素因が増えれば増えるほど、動脈硬化の危険が高くなります。

主な症状

脳血管の血流障害である脳卒中や脳梗塞などでは、脳の動脈硬化によって頭痛やめまい、耳鳴りが発生し、記憶力が落ち、怒りっぽくなったり、ボケ症状などが現れます。動脈硬化を起こして血管が破れてしまうと脳出血、血管が完全に塞がって血流が途絶えると脳梗塞になります。

冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓に酸素や栄養を運んでいる血量が減ってしまうので、運動をすると息苦しさを感じたり、胸に痛みを覚える狭心症を起こします。冠動脈が完全に詰まると、心筋梗塞を起こします。

動脈硬化を起こし、大動脈の一部がコブになったものを大動脈瘤と言います、破裂すると大出血を起こし、命にかかわります。

腎機能が衰え、夜間に何度もお手洗いに行くようになり、薄い色の尿が沢山でるようになると、腎硬化症です。

動脈硬化が下肢で起こると、足のしびれや冷感、歩行中の痛みにつながる閉塞性動脈硬化症になります。これは、腰椎脊柱管狭窄症と似ている症状ですので注意が必要です。

検査と診断

まず高血圧の有無を調べ、血液検査を行って、血中コレステロールや中性脂肪、糖、尿酸がどれだけ含まれているのかを調べます。また、脈波伝搬で血液の流れる速度を測定することで、どれくらい動脈硬化を起こしているのかが分かります。

動脈硬化が起きている場所を特定する検査も行われます。網膜の動脈に変化がないかどうかを調べますが、変化が認められる場合、脳に細動脈硬化が同程度起こっていることがあります。CT検査、MRI検査、エコー検査で頚動脈や大動脈、腎動脈の粥状硬化を調べ、場合によっては血管造影剤検査を行う場合もあります。冠動脈硬化は、心臓カテーテル検査や運動負荷検査で調べるこることになります。

治療法

生活習慣の中で、動脈硬化の危険因子となることを除去することが大切です。有酸素運動を行うことは、肥満の解消につながります。肥満は動脈硬化を進行させます。運動することによって中性脂肪が減少し、善玉コレステロールが増加するので、動脈硬化の予防にもなります。高血圧や糖尿病の予防にもなりますので、有酸素運動はとても効果的です。

また、食事療法も大切です。動脈硬化を促進させる肉や卵、バターなどの動物性脂肪を控え、サラダ油やマーガリンなどの植物性脂肪を摂るようにし、意識して魚や大豆を摂るようにしましょう。また、青魚はコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれる働きもありますので、動脈硬化予防に適しています。

薬物治療としては、コレステロールを低下させる薬が使われます。血管の詰まり予防に、抗血小板薬も使われます。

外科的治療としては、バイパス手術やカテーテルの風船による血管拡張療法が行われます。


ページの先頭へ