待合室へ



心臓弁膜症

心臓には4つの部屋があり、それぞれに出口がついています。左心室の出口には大動脈弁、左心房の出口には僧坊弁、右心室の出口には肺動脈弁、右心房の出口には三尖弁があります。これらの弁は、血液の逆流を防ぐもので、弁の形が変形したり、動きが悪くなるとポンプとしての心臓の働きがうまくいかなくなります。これが心臓弁膜症と呼ばれるものです。

どんな病気?

大動脈弁、僧坊弁、肺動脈弁、三尖弁、それぞれの弁は、血液が逆流しないよう、心臓の動きに合わせて開いたり閉じたりしています。効率よく血液を身体に循環させるためには、とても大切な働きをしている器官です。この弁がうまく働かなくなるものが心臓弁膜症です。弁が十分に開かなくなる狭窄症、反対に、弁が十分に閉じなくなる閉塞不全や逆流症、狭窄症兼閉鎖不全症と言って、狭窄症と閉塞不全、逆隆昌が同時に起こる場合もあります。4つの弁それぞれにこれらの病気が起こることがありますが、中でも多いのは僧坊弁と大動脈弁で、この2つの弁が同時に弁膜症になることを連合弁膜症と呼びます。

弁膜症の原因は?

心臓弁膜症には、先天性のものと後天性のものがあります。多くは後天性のもので、代表的なのはリウマチ性心臓弁膜症で、リウマチ熱が原因になる弁膜症です。最近では、弁の変形や動脈硬化が原因になっているものが増えてきています。

主な症状

軽症の場合は、自覚症状のないことがほとんどです。風邪などの違う病気の聴診時に、心雑音があって気づくことが少なくない病気です。徐々に症状が進むと、動悸や息切れ、疲労感や下肢のむくみ、呼吸困難などが現れるようになります。

検査と診断

聴診、心電図、心音図、胸部X線検査を行います。心エコー検査では、全てのタイプの心臓弁膜症を、身体に傷をつけることなく診断することができ、その重症度も分かります。心エコー検査は通常胸の上から行いますが、経食道心エコーと言って、胃の検査をする内視鏡のように、食道側から行う方法もあります。場合によっては、心臓カテーテル検査を行うこともあります。

治療法

心臓弁膜症の治療は、薬を使用する保存療法と、外科手術に分けられます。手術は学会で決められたガイドラインに従って、行うかどうか判断されます。

保存的療法

保存的療法では、薬を使う治療法と、日常生活の指導からなります。弁膜症になると、弁が正常に働かなくなるために、心臓のそれぞれの部屋に負担がかかります。負担がかかったままの状態が長期間続くと、心筋に肥大が起こったり、拡張や線維化が起こります。治療に使われる薬は、こうした心筋の肥大や拡張、線維化を防ぐ薬が使用されます。心不全の症状がある場合は、心臓の負担を軽くするために、血管拡張剤を使って血管を広げ、心臓に戻る血量を減らす薬や、体内の余分な水分を排出するために、利尿剤が使用されます。

手術療法

手術の方法は、弁膜症の程度によって違います。弁の変形が軽い場合、損傷している部分だけを修復する弁形成術が行われます。程度が強い場合は、損傷した弁を人工弁に交換する、弁置換術を行います。

弁狭窄症の場合は、交連切開術という、弁が十分に開くようにする手術が行われます。違う方法として、バルーンによる弁形成術が行われる場合もあります。弁の位置までバルーン付きのカテーテルを進め、弁狭窄を取り除くためにバルーンを膨らませます。この方法は手術よりも簡単に済みますが、弁の変形の程度によっては行うことが出来ませんし、弁逆流を起こす可能性があるなど、問題点もあります。


ページの先頭へ