待合室へ



わきが

わきがは意外と本人は臭いに気づかず、周囲の人が大変な思いをすることが多いようです。臭いのことは、中々他人は教えてくれません。どれくらい臭うのか、自分で分からない人も多いでしょう。

どんな病気?

わきがは腋臭病(えきしゅうびょう)とも呼ばれます。思春期の年頃になると、腋の下の汗が独特の刺激のある臭いを発するようになります。

腋の下や外陰部にはアポクリン汗腺があり、性ホルモンの影響を受けているために、分泌が思春期の頃になると活発になります。アポクリン汗腺から分泌される汗は、たんぱく質を多く含んでいて、分泌直後では臭いはありません。この汗が皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗と混じり、腋毛に常在している細菌によって分解されると、わきが独特の臭いを出すようになります。アポクリン汗腺から出る汗が臭うのは遺伝していきます。片親がわきがの場合は50%が、両親共にわきがの場合、80%に遺伝すると言われています。

主な症状

第二次性徴の思春期になると腋の下から独特の刺激臭がある汗をかくようになります。汗をそのままにしておくと、臭いは益々きつくなります。着ている洋服の腋の下も黄色く変色し、汗も大量に出る傾向にあります。臭いは人それぞれ違いますが、ネギ臭いと表現される場合もあります。

わきがの女性の一部には、性器や乳輪からもおなじようにわきが臭がすることも多く、過度に気にしすぎて鬱病になってしまうケースもあります。

検査と診断

腋の下の汗をガーゼで拭い取り、直接嗅ぐことで診断できますが、その他にも切開してアポクリン腺を確認したり、耳垢が湿っていることでも診断できます。耳の中のアポクリン腺からの汗が耳垢を湿らせます。耳の中のアポクリン腺は、幼少期から発達しているため、早い時期から確認が出来ます。親族にわきがの人がいるかどうかも、大きな判断材料になります。

自己臭恐怖症

実際、わきがの臭いは強烈ですし、刺激臭があるために周囲にとっては迷惑でしょう。だからといって、汗の臭いを気にしすぎて、わきがではないのに、自分はわきがだと勝手に判断し、自己臭恐怖症に陥っている人も少なくありません。中には鬱病になってしまうケースもあります。臭いが気になったらきちんと病院で診察を受け、そうでなかったらあまり気にしないように、もしわきがであれば、適切な治療を行うことです。自己臭恐怖症がひどい場合、精神科医の診察が必要になる場合もあります。

治療法

わきがの治療は、保存療法と手術療法に分けられます。いずれの手術療法にも健康保険が適用になりますが、自由診療扱いで治療する場合が多いので、事前に確認が必要です。

手術によって治療しても、若年層の場合は再発する恐れがあります。
アポクリン腺の取り残しではなく、発達途中の汗腺を取り除いても、新たに汗腺が発達する場合があるということです。

保存療法

保存療法は効果が一時的で、持続的な効果が短いものがほとんどですが、病院に行かなくても、自分で気軽にできるものもあります。

腋毛処理

腋毛の処理をすることで、汗などの皮膚分泌物が多量に腋に保持されるのを防ぎ、常在菌が減ることで、汗が分解されることを抑え、臭いも最小限にすることができる。アポクリン腺に対して直接作用するものではありません。

アルコール消毒

腋に、消毒用エタノール水溶液やイソプロパノール水溶液を塗り、臭いを出す原因となる常在菌を殺菌する。腋毛処理と併せて行う。

制汗剤

軽度から中度のわきがであれば、制汗剤である程度の臭いは抑えられます。殺菌作用があるので、常在菌を殺して汗が分解されて臭うのを防ぎます。

ボトックス注射

腋の下にボトックスを注入することで、発汗を抑制することができます。1度の注入で、4~6ヶ月高価が持続します。

手術療法

比較的手術代が高価になります。稀に再発することもあるということを覚えておきましょう。

剪除法

一般的に行われている手術で、腋の下のシワに合わせて3~4cmほど切開し、皮膚を指で裏返し、目で確認しながらアポクリン腺をハサミで取り除く方法です。

吸引法

腋の上の部分を1cmほど切開し、カニューレという脂肪吸引に使う器具を入れてアポクリン腺を吸い出す手術です。改良したものに、超音波吸引法があります。

皮下組織削除法

腋の上の部分を1.5cmほど切開し、ローラーと剃刀刃がついたようなはさみのような器具を入れ、アポクリン腺を削除する手術です。

切除法

腋毛が生えている部分の皮膚を切り取ってしまう手術です。皮膚部分が大きく切り取られるために、後遺症として運動障害が出る場合もあります。


ページの先頭へ