待合室へ



とびひ

とびひは子供に多く見られる皮膚病です。擦り傷や虫刺されなどができたら、傷口を清潔にすることで、とびひだけではなく、様々な感染症を防ぐことにもなります。何よりも、気づいたらすぐに病院に行きましょう。

どんな病気?

皮膚の浅い部分に黄色ブドウ球菌や連鎖球菌が感染して、水疱や膿疱を作る、化膿性の皮膚の病気です。原因が黄色ブドウ球菌のときは水疱ができるので、ブドウ球菌性膿痂疹とも呼ばれます。原因が連鎖球菌の場合、かさぶたや膿疱ができるので、連鎖球菌性膿痂疹とも呼ばれています。

細菌が原因で起こる皮膚の病気の中で、膿痂疹が一番多く、水疱性のものは0~6歳の乳幼児に多く起こります。膿痂疹が夏に多く発生するのに対し、痂皮性膿痂疹は季節や年齢に関係なく発生しますが、水疱性膿痂疹よりも頻度はかなり少ないです。アトピー性皮膚炎の人がなりやすい傾向にあります。

原因は?

水疱性膿痂疹の場合、擦り傷や虫刺されなどの小さくて浅い傷に黄色ブドウ球菌が感染して、表皮剥脱素という毒素が菌によって作り出され、皮膚の浅い部分に水疱ができます。

痂皮性膿痂疹の場合、A群β溶血性連鎖球菌が感染して起こります。

主な症状

水疱性膿痂疹の場合、湿疹を引掻いたり、虫刺されなどの小さな傷のところに、薄い膜の水疱ができます。水泡の中にある液は、徐々に膿のように濁り、すぐに破れてただれてしまい、かさぶたができて掻いているうちに、周りに広がっていきます。痒みの程度は軽く、発熱などはありません。

痂皮性膿痂疹の場合、年齢や季節に関係なく起きます。小さな水疱や膿疱ができ、すぐに黄色っぽいカサブタになります。これが急激に周囲に広がります。膿疱やかさぶたの周りは赤味が強く、喉の痛み、発熱、患部近くのリンパ節が腫れることもあります。

どちらの膿痂疹の場合でも。出来やすいのは顔や手足などの露出している部分です。角質層が厚い部分でもありますので、水疱の膜がしっかりしていてピンと張った大きな水疱や膿疱になります。

検査と診断

まだ破れていない水疱や膿疱の中の液を培養すると、黄色ブドウ球菌や、化膿連鎖球菌が検出されます。血液検査を行うと、痂皮性膿痂疹では白血球が増え、CRPが陽性になり、体のどこかに炎症があることを示し、連鎖球菌に対する抗体が上昇する場合があります。膿痂疹の診断自体は難しいものではありませんが、他の水疱ができる病気と間違える場合がありますので、注意が必要です。虫刺されなどと間違わないようにしなければいけません。

治療法

水疱性膿痂疹の場合、黄色ブドウ球菌にとても効果のある抗菌薬を3~4日内服します。痂皮性膿痂疹の場合では、最も効果的なのはペニシリン系の内服ですが、黄色ブドウ球菌との同時感染も考慮して内服薬を選択します。

水疱の中の液体や、ただれた部分からの分泌液がまわりの皮膚につかないように、水疱の場合は中の液を抜いてから、かさぶたやただれの部分には、抗生剤の軟膏を塗り、亜鉛華軟膏を厚く伸ばしたリント布をあてて、包帯で押さえます。傷口が乾いてきたら、亜鉛華軟膏を中止して、抗生剤の軟膏にします。かさぶたが取れるまでこの治療を続けます。

膿痂疹が治るまでは入浴を控えてシャワーだけにし、かさぶたや分泌物をよく洗い流し、その後、軟膏を塗る治療を繰り返します。

子供の場合

子供のとびひの場合、抗生剤の内服を使用します。効果があればとても早く改善しますが、水疱性膿痂疹の場合は、再発防止のために、軽快しても2~3日は内服を続けます。痂皮性膿痂疹の場合は、10~14日間、腎炎防止のために内服しなければいけません。


ページの先頭へ