待合室へ



たこ・魚の目

足にできるたこや魚の目。痛くて歩くのも間々ならず、困っている人も多いでしょう。いぼとよく似ている場合がありますが、いぼの場合はウイルス性ですから、たこと思って削っていると、いぼを増やすことになってしまいますので注意が必要です。

どんな病気?

たこと魚の目は似ていますが、どんな違いがあるのでしょうか。

たこ

皮膚の下の、骨などの硬い部分のあるところにできる角質増殖です。皮膚の表面に角質の増殖が向い、自覚症状が少ないという特徴があります。

同じ場所に長期間、力が加わったり、摩擦による刺激などが加わり、たこができます。
外反母趾や歩き方、サイズの合っていない靴やサンダルなどで、足の同じ部分に加重されることが誘因になります。普段から正座をしていると、座りだこなどもできます。

魚の目

魚の目は鶏目(けいがん)とも呼ばれますが、魚の目の方が一般的でしょう。

狭い範囲に限られた角質増殖で、繰り返し機械的な刺激が加わることによってできるものです。自分の足に合っていない靴を履いたり、底の軟らかい靴で凸凹になっているところを歩くなどして生じます。

末梢性や中枢性の神経の病気からくる歩行困難で、つま先が歩くたびに圧迫を受けることでも生じます。

主な症状

だこと魚の目、それぞれどのような症状が出るのでしょうか。

たこ

力や刺激が加わる部分に、淡黄色でやや楕円形をした、扁平の隆起した角質増殖性局面ができます。足の裏にできやすく、続いて足の甲、手の平などにできやすくなります。通常は淡黄色ですが、汚染されたり血が出たりすると、褐色や赤、黒灰色になることもあります。押すと軽い痛みがあり、ヒビができると強い痛みになります。

魚の目

歩くことが出来るのであれば、どの年齢にもできる可能性があります。淡黄色や半透明の、限局性の角質増殖病変に、力が垂直に加わる圧力で、激痛が生じます。

検査と診断

たこ、魚の目の検査と診断の方法を紹介しましょう。

たこ

一定の部分に慢性的に力が加わったり機械的な刺激がある部分に、限局性の角質増殖ができますので、それで診断を確定します。病理組織学的検査を行うと、緊密な角質肥厚があり、部分的に、角質細胞に核が残存しています。皮膚内部の顆粒層は厚くなっていますが、有棘層では薄くなっていて、表皮乳頭はなくなります。似ているものとして、魚の目や尋常性疣贅などのウイルス性のいぼとは区別しなければいけません。

魚の目

角化部の表面を削ると、半透明な角質柱が中央にあり、角質肥厚がその周辺にあれば簡単に魚の目だと診断できます。

病理組織所見では、クサビ状に肥厚した角質柱が下の方に入り込み、表皮は圧迫され、有棘層は縮み、真皮乳頭は扁平化しています。

治療法

たこ、魚の目はしっかり治してしまいましょう。

たこ

2~5日間、スピール膏を患部に貼り、角質が柔らかくなったら切り取ります。靴やサンダルなどで、力が加わる刺激をそのままにしておくと、再発してしまいますので、サイズの合ったものを履き、窮屈なものは履かないことが再発防止になります。外反母趾などの骨や関節が原因になっているものに関しては、整形外科的な手術が必要になる場合もあります。

魚の目

痛みの原因が、患部の中心が円錐状に角質増殖したものなので、患部の表面を1mm程度削り、円錐形に中心の角質柱を取り除きます。さらに、綿棒に液体窒素を浸し、切除したところに押し付けて、冷凍凝固処置をします。この方法を2週間繰り返します。


ページの先頭へ