待合室へ



多汗症

人よりも多く汗をかく人は、自分でも自覚して、それなりに気にしているようです。体温を調節している汗ですが、必要以上に汗が出る場合は、多汗症と言えるでしょう。多汗症の原因になっている疾患が隠れている場合もありますので、ただの汗かきと思わずに、きちんと治療しなければいけない病気です。

どんな病気?

体温調節をしている汗は、体温が上昇すると汗を出し、その気化熱で体温を下げる働きをしています。この汗が必要以上に出てしまうものを多汗症と言います。

汗には温熱性発汗と言う、温度が高い時に出る汗や、精神性発汗と言う、精神的に緊張したときに出る汗、味覚性発汗と言って、辛いものを食べた時に出る汗などがあります。

この他にもまだまだ種類があり、原因になる病気のせいで汗が大量に出る続発性多汗症や、健康な人に起こる原発性多汗症、全身に多汗症が広がっている全身性多汗症の他、発汗が体の一部で増えている限局性多汗症があります。

多汗症は、神経質になりすぎると悪化させてしまいますので、気を紛らわせることも大切です。

手足の多汗症

汗腺が緊張によって刺激され、滴になって滴り落ちるほどの発汗があります。手掌多汗症とも呼ばれ、手術やイオン浸透療法で改善することができます。

腋の多汗症

体温が上がったり、交感神経の刺激で腋から多量に発汗します。

頭部の多汗症

頭部も体温の上昇や、交換神経の刺激で多量に発汗します。隠すことの出来ない場所なため、額からダラダラと汗を流すために多汗症だと分かりやすい。手や腋のように手術などで簡単に治るものではありません。

主な症状

限局性多汗症の場合、腋の下や手の平、足の裏に症状が出ます。精神性発汗をする場所でもあり、緊張すると汗が増えます。手の平の汗が多いと、触れたものが汗で濡れてしまうこともあります。人と手が触れるのを嫌うため、握手なども避ける傾向にあり、劣等感を持っている場合もあります。

足の裏に多汗症の症状が出る人は、臭いの原因にもなりますし、水虫や細菌への感染も起こしやすい状態になります。手足の多汗症では、健康な若い人に多くみられます。

全身性の多汗症の場合、原因になる病気として、感染症や内分泌や代謝性の疾患、膠原病、中枢神経疾患、悪性腫瘍などがあります。

検査と診断

汗の量が多い場合、見た目や触れてみることで多汗の有無が分かります。客観的に判断するときは、発汗記録計で汗の量を測定したり、汗を吸い取ることで色が変わるヨード紙を使います。

全身性多汗症の場合では、原因になっている病気を探します。甲状腺の病気が疑われる場合、甲状腺機能検査を行いますし、褐色細胞種の疑いがある時は、尿の中のカテコール代謝産物を検査します。

治療法

多汗症の治療には様々な方法があり、それぞれに長所短所がありますので、これと言った確たる治療法がありません。また、水分の取りすぎも汗をかきやすくなりますので、普段よりも水分摂取を少なめにするよう心がけましょう。

外用薬として、塩化アルミニウム液が使われますが、製品として出ていないため、各医療機関で精製しています。その他には、塩化ベンザルコニウム液などが使われ、就寝前に1度使います。

手の平や足の裏、腋の下の多汗症には水道水イオントフォレーシスが適しています。水道水に多汗部を浸し、直流電流を流します。

手の平の症状が強い場合、外科的治療として、胸腔鏡を使った胸部交感神経切除術(交換神経ブロック)を行う場合もあります。この場合、確実に手の平の多汗症の症状は治まりますが、多くの人に、代償性多汗として、背中やお腹などの他の部分に多汗が現れることがあります。


ページの先頭へ