待合室へ



帯状疱疹

帯状疱疹は、針で刺されたようなチクチクした痛みがあるというイメージがあります。誰もがなるわけではありませんが、過去に水疱瘡になった経験があれば、誰もが帯状疱疹になる可能性はあります。

どんな病気?

帯状になって皮膚に配列する紅斑と小さな水泡が現れ、神経痛のような疼痛を起こす病気です。

水疱瘡は、水疱や帯状疱疹ウイルスによってかかります。このウイルスは治った後も三叉神経説や脊髄根神経節など、体の中に潜伏しています。息を潜めて潜伏しているこのウイルスが、何かのきっかけで再び活動を始めると、帯状疱疹を発症します。

水疱瘡を経験したあと、帯状疱疹を発症するまでの期間は人それぞれで、一般的に頻度が多く見られるのは50歳以上の人になります。もちろん幼少期や青年期でも発症することも稀ではありません。

基礎疾患の膠原病などがなければ、1度膠原病を発症すると、2度と発症することはありません。膠原病の誘因としては、加齢や免疫抑制状態の他に、過労でも発症することが知られています。

主な症状

初期症状として、罹患部分に神経痛のような疼痛が出ます。神経が侵されますので、激しい痛みがあります。それから2~3日すると、紅斑と小さな水泡が、神経の走行に沿うようにして現れます。出てきた水疱は、破れることでびらんになり、潰瘍を作ってカサブタになり、治っていきます。

皮膚の病変が良くなるに従って、疼痛も軽くなりますが、皮膚の紅斑や水泡が治ったあとでもいつまでも疼痛がのこることがあり、これを帯状疱疹後神経痛と呼んでいます。合併症が現れる場合もあり、ラムゼイ・ハント症候群という、三叉神経領域の帯状疱疹に、顔面神経痛の麻痺を伴う病気があります。

検査と診断

診断は、神経に沿って広がる小さな水疱が多く出ていれば、簡単にできます。鑑別を行う場合には、蛍光抗体法でVZV抗原を皮膚の病変部から検出します。

神経痛のような疼痛のみで、皮膚に紅斑や水泡が見られない時期の場合、神経痛と区別するのは不可能です。紅斑や水泡が出てきて初めて帯状疱疹と診断されますので、皮膚の病変に気づいたら、早めに皮膚科を受診するようにしなければいけません。

また、皮膚に出てくる小水疱には、水疱瘡になったことのない人には水疱瘡をうつすおそれがありますので、注意が必要です。

神経に沿った水疱の他に、水疱瘡のように全身に小水疱が同時に見られる場合、免疫が低下しているため、他に大きな病気が隠れていないかを検査する必要があります。

治療法

治療は、基本として、体に十分な抗体ができるまで待ちます。その間は対症療法を行うことになります。

抗ウイルス薬の使用が中心になり、内服や注射、神経ブロックなどで治療が進められます。皮膚に病変が出てから72時間以内に抗ウイルス薬を使うと、早期に疼痛と皮膚病変を軽減できますし、最も重要な後遺症とも言える帯状疱疹後神経痛の発症も抑えることができるとされています。

治療の目的となるものは、帯状疱疹後神経痛を残さないということです。発病して初期の頃から、疼痛の性質や程度をよく観察し、必要と判断されると薬物療法や理学療法などの疼痛対策が行われます。

治り方

通常、抗ウイルス薬を使うと、症状は3~6週間で改善されます。痛みも紅斑や水泡が軽快するに従って和らぎ、1~2ヶ月で痛みもなくなります。顔に帯状疱疹を発症した場合、角膜炎や視力障害の他に、耳の障害が起こる場合もありますので、医師の指示に従ってしっかりと治療に専念しなければいけません。


ページの先頭へ