待合室へ



しもやけ

しもやけは『凍瘡(とうそう)』とも呼ばれるもので、凍傷とは似ていますがちょっと違います。凍傷は、一定時間以上0度以下の寒冷に晒された場合に発生し、日常生活の中ではほとんどみられません。その多くは冬山登山や吹雪のスキー場などで起こります。最近ではしもやけになっている人をあまり見かけませんが、昔は冬に外で雪遊びをする子供達のほとんどは、しもやけになっていました。しもやけと似た症状が現れる病気もありますので、たかがしもやけと思わずに注意が必要です。

どんな病気?

寒さによる血行障害が原因でしもやけが起こります。手や指、足に発症しやすく、頬や鼻先、耳がしもやけになりやすい部分です。

冷気に晒された直後は、動脈と静脈が収縮していますが、静脈よりも動脈が早く拡張します。


静脈が収縮したまま動脈が拡張するので、組織内に滲出液や炎症起因物質が漏れてしまい、むくみが起こるのではないかと考えられています。


しもやけの原因は?

しもやけにやりやすいのは、遺伝や体質も関係していますが、大きな原因となるのは、気温と皮膚表面の温度と言われています。気温が5度前後で、昼と夜の気温差が大きい時期に、しもやけになりやすいと言われています。また、手足の湿度が高い場合や、濡れたまま放っておくと、皮膚が気化熱によって表面温度が下がり、しもやけになりやすくなります。寒い時期には手足が濡れたら水分を早めに拭き取り、靴は乾燥させなければいけません。手袋、靴下が濡れたときにも、早めに乾いたものと取り替えるようにしなければいけません。

寒い時期の血行不良がしもやけの原因になりますので、先が細くなっている靴や高いヒールの靴を履いていると、それだけで足の先が圧迫され、血行不良になりやすくなります。これもまた、しもやけの原因になります。

主な症状

手や足の指、耳が真っ赤に腫れます。しもやけになった部分が、赤紫になって腫れる樽柿型と、環状に赤くなる多形滲出性紅斑型の2種類があります。樽柿型は幼い子供に良く見られ、しもやけで腫れた部分はゴムのように硬くなります。多形滲出性紅斑型の場合は、冬から春にうつる頃に多くみられ、春期しもやけとも呼ばれていて、大きさは麻の実ほどの小さなものから、アーモンド大のものまで様々です。

しもやけになると、患部がジンジンとして、むず痒さや痛み、熱感があります。指がしもやけになった場合は硬く腫れ上がり、しもやけ部分を暖めると、痒みや疼痛が強く感じられることが多いです。やはり、大人よりも外で遊ぶことの多い子供や、成人の場合は男性よりも女性がかかりやすいと言われています。

治療法

しもやけに特別な検査は必要ありません。血行不良によってしもやけが起きているので、血行を促進するビタミンEなどの医薬品やサプリメントを摂取するといいでしょう。

家庭でできる治療法として、40度のお湯と5度くらいの冷たい水をバケツに用意し、しもやけの部分を交互に浸します。このとき、冷たい水よりも、暖かいお湯につけている時間を長くし、お湯から始め、お湯で終わるようにします。お風呂の中でマッサージするのも効果的です。マッサージを行うとき、力を入れて行うと毛細血管が切れてしまい、益々ひどい状態になってしまうこともありますので、あまり力を入れすぎないようにしなければいけません。

しもやけと似ている症状のあるものに、膠原病の全身性エリトマトーデスや、凍瘡状狼瘡などもあるため、暖かい時期になってもしもやけが改善されない場合、何か大きな病気が隠れている場合もありますので、皮膚科で1度診察を受けてください。


ページの先頭へ