待合室へ



おむつかぶれ

おむつかぶれは乳児だけではなく、介護を必要としている高齢者にもみられるものです。おむつを長時間取り替えないことも原因になりますが、数多くの原因がありますし、元々肌が弱いと、少しの刺激でもおむつかぶれを起こしやすくなります。病気という病気ではないかもしれませんが、中には真菌が原因で起こるものもあります。

どんな病気?

様々な刺激物質によって、皮膚の炎症を起こしてしまうものです。真っ赤になってただれてしまうこともあり、痒みと痛みが生じます。お尻拭きに含まれている成分でかぶれることもありますので、この場合はお尻拭きの使用をやめて、カット綿をぬるま湯などで湿らせたもので拭くようにします。


おむつが原因

布おむつを使っている場合、通気性が悪くなっておむつかぶれを起こす場合があります。布おむつを重ねて使っている場合は1枚に減らしてみたり、たたみ方を変えてみたりしましょう。おむつを交換する回数も増やします。おむつカバーもウールや綿の素材にしましょう。


紙おむつの場合、布に比べて通気性はいいのですが、おむつの縁が刺激になってかぶれを起こす場合もありますし、繊維にかぶれることもあります。おむつ交換の頻度を増やしても良くならない場合、紙おむつの種類を変えてみるのもいいかもしれません。


通気性の問題だけではなく、尿や便を吸収したおむつが、長時間肌に密着していることによってもかぶれは起こります。湿った肌表面で細菌が増え、この細菌によって尿中の尿素が分解され、アンモニアなどが発生して起きる場合があります。さらに、汗や便が分解されてかぶれることもあります。

洗剤が原因

布おむつを使っている場合、すすぎが足りなくておむつかぶれを起こす場合があります。布おむつを洗うときは、しっかりとすすぐようにしましょう。

真菌によるもの

真菌が原因でおむつかぶれを起こすことがあります。便の中にいるカンジダ菌が、湿気を帯びたオムツの中で活発になり、増殖してしまいます。股のシワの内側まで真っ赤になってしまいますので、通気性をよくしてあげなければいけません。

主な症状

軽い症状だと少し赤くなる程度ですが、症状が進むと真っ赤になり、痒みと痛みを生じます。ひどくなると真っ赤にただれて出血することもあります。ひどくなると水泡ができ、皮がむけてジュクジュクしてきます。こうなると排尿時や入浴時にかなりの痛みを伴います。こうなる前にケアが必要です。


カンジダ真菌によるおむつかぶれの場合、一面が真っ赤になり、ブツブツと小さな膿をもったものができ、薄い膜状の皮膚がはがれたような状態に見えます。カンジダ真菌でかぶれてしまった場合、治療が必要になりますので、医師に外用薬を処方してもらわなければいけません。

検査と診断

おむつかぶれが中々改善されない場合、病院での診察が必要になります。大人であれば皮膚科、乳児であれば小児科で診察してもらえますので、ひどくなる前に治療にとりかかりましょう。

治療法

軽いおむつかぶれだと、清潔を保って風通しをよくして、乾燥を心がけるだけで快方に向います。ジメジメした環境をよくするために、ベビーパウダーを使う人もいますが、これは医師によって賛否両論です。使わない方がいいという医師と、肌をさらさらに保つためにも使った方がいいという医師がいます。軽いおむつかぶれなら使ってみてもいいかもしれません。おむつ交換のときには乾いたティッシュなどは使わず、必ず湿らせたガーゼやコットンを使うようにしましょう。もちろんゴシゴシこすってはいけません。


かぶれがひどくなったからといって、自己判断でステロイド剤などを使ってはいけません。カンジダ真菌が原因の場合、ステロイドを使うと症状が悪化してしまいます。この場合、抗真菌剤を使わなければいけません。薬を使う場合は、きちんと医師の指示に従い、処方された薬を使うようにしましょう。


ページの先頭へ