待合室へ



水虫

水虫は治らない…水虫は繰り返す。そう思っていませんか?それは、自己判断で治療をやめてしまうことにあります。しっかりと治療して、辛い水虫から開放されましょう。症状がなくなっても治療をやめてはいけません。

どんな病気?

辛い水虫。できれば人に知られたくない水虫。一体どんな病気なのでしょうか。

足の水虫

足に白癬菌が感染する病気で、水虫の中では圧倒的に多く、全体の65%が足の水虫です。足の水虫になっていても自己判断をして、薬局で薬を購入して治療している人も多く、日本人の20%は足水虫なのではないかと言われています。

足の水虫は感染する機会が多く、家族に足水虫の人がいる場合や銭湯やプール、施設などで集団生活をしている人などは、かかりやすい環境にあると言えます。これら環境の他にも、足の指の間が狭かったり、汗をかきやすくて湿りやすい、長時間革靴や長靴を履いているような人も足水虫になりやすいと言えます。

手の水虫

白癬菌が手に感染する水虫で、自分の足の水虫からうつることがほとんどです。足水虫の治療もしっかり行うことが必要です。

爪の水虫

爪の中に白癬菌が感染し、爪が厚くなったり変形したりします。多くの場合は、足や手の水虫から爪に感染したものです。

主な症状

水虫の症状はどんな症状なのでしょうか。

足の水虫

様々な症状があります。分かりやすく言うと、じゅくじゅく型、カサカサ型、水疱型があります。水疱型は春から夏にかけて症状が悪化し、痒みを伴いますが、必ず痒くなるわけではありません。カサカサ型の場合、冬になっても症状は軽快せず、痒みも少ないという特徴があります。じゅくじゅく型は、ただれや亀裂を伴うこともあり、痛みがある場合もあります。

手の水虫

片方の手だけに発症することが多いという特徴があります。痒みは軽く、手湿疹との区別をつけることが大切です。手湿疹の場合は、ほとんどが両手に症状が現れますので、片手だけに症状がある場合、手の水虫を疑います。

手の水虫の場合、注意しなければいけないのは、全身のほかの場所にうつしている可能性があるということです。他の場所に痒みがないか、水虫の症状が出ていないか。手の水虫になったらチェックが必要です。

爪の水虫

足の爪に多く見られますが、手の爪に発症する場合もあります。最も多いのが、爪の先が黄色く濁ってきて、爪の下の角質部分がもろく、そして厚くなり、全体的に爪が厚くなります。爪の表面が白く濁る場合もあり、中には爪の付け根が濁る場合があります。

検査と診断

水虫と診断されるには、どんな検査が行われるのでしょうか。

足の水虫

顕微鏡で検査をするとすぐに診断がつきます。

手の水虫

顕微鏡検査を行いますが、足の水虫よりも判定しやすいようです。

爪の水虫

顕微鏡検査になりますが、菌がみつけられにくい、菌の携帯が定まっていないので、判定しにくいという特徴がありますので注意が必要です。

治療法

水虫の治療は根気が必要です。途中でやめないで、最後まで治療をしましょう。

足の水虫

カサカサ型の場合、基本として外用薬を使います。症状がなくなっても最低2ヶ月は継続して治療を行う必要があります。治療には根気も必要になりますが、他の部分や他人にうつさないという配慮が大切です。

手の水虫

基本的に外用薬を使います。足の水虫と違い、比較的治りやすい水虫です。

爪の水虫

爪の水虫は、外用薬を使っても効果がありません。基本的に内服薬になります。服用する薬によって、用法や用量が違いますので、医師の指示に従って正しく服用する必要があります。


ページの先頭へ