待合室へ



じんましん

皮膚が真っ赤になって盛り上がり、血が出るほど掻き毟りたくなる痒さのじんましん。経験したことのない人には分からない痒さです。原因が分かれば避けることのできる病気ですので、じんましんが出たらきちんとアレルゲンの検査を行いましょう。

どんな病気?

皮膚に起きるアレルギー反応の1つで、出始めてから数時間から半日ほどで消えてしまうものをじんましんと言います。毎日1ヶ月以上続くものを慢性じんましん、比較的すぐにおさまるものを急性じんましんと呼びます。ヒスタミンという物質が、皮膚の中のマスト細胞から出るために起こります。

原因は様々なものがあり、食べ物をはじめ、薬や細菌、ウイルスへの感染、血液疾患や物理的な刺激、ストレスなどがあります。食べ物や薬が原因でじんましんが起こる場合はアレルギー性のことが多く、物理的刺激の場合は、皮膚が圧迫されたり、日光にあたったり、汗などでも起こりますし、温熱や寒冷などでもじんましんが起こります。

慢性じんましんの場合、原因がハッキリしないことがほとんどですが、マスト細胞に作用することで、ヒスタミンを出す自己抗体が原因になっていることが最近分かってきました。

急性じんましん

急性じんましんの場合、食品や薬、その他体に入る様々な物質によるアレルギー反応で起こる場合が多く、時間の経過と共にそれらが体の外に排出されると、症状も治まります。

慢性じんましん

慢性じんましんの場合、内臓の病気や便秘、下痢、疲れや寝不足などでも起きますし、寒冷じんましんや温熱じんましん、日光にあたると出るもの、コリン性、機械的刺激のじんましんがあります。

慢性じんましんでは、食品や食品添加物に原因があると知らずに、毎日のように口にして、急性じんましんを繰り返している場合もあります。

主な症状

突然、身体に真っ赤な発疹と共に強烈な痒みが起こります。痒さに耐えられずに掻いてしまうと、掻いた部分がミミズ腫れのようになってしまうこともあります。普通は一過性で、半日以内には跡形もなく、嘘のように治ってしまいます。慢性じんましんになると、次から次と新しい発疹が出るのが数日間続きます。

発疹の出方は、周りに赤みを伴う扁平に盛り上がった円形や楕円形、地図状の膨疹で、中央部分が消えて、環状になることも多いです。大きさも2~3mmのものから手の平の大きさ以上のものまで様々です。

検査と診断

じんましんの検査のポイントとなるところは、一過性の発疹で、短時間で跡形もなく消えることが診断のポイントになります。原因を調べるためには、血液検査と皮膚テスト(パッチテスト)が必要になります。

原因が物理的刺激のじんましんでは、機械的刺激が原因になっているのか、温熱や寒冷などの温度変化が原因なのか、それとも日光によるものなのかを確認します。肝臓や内臓が悪くてもじんましんが出ると良く言われていますが、一般に信じられているほど多くみられるものではありません。

治療法

1時間程度で消えてしまうじんましんでしたら、様子を見て、特に何もしなくても問題ありません。じんましんが数時間続く場合や繰り返し出てくる場合、痒みが強い場合に治療を受けるようにします。

じんましんの治療では、原因を明らかにして対処することが必要です。痒みに対して、抗ヒスタミンの薬が使われます。早急に痒みを摂る場合は注射が使われますが、一般的には内服薬になります。抗ヒスタミン薬で効果がない場合、少量のステロイド内服薬が使われる場合もあります。原因が自己抗体の場合、慢性じんましんになりますので、治療はステロイドの注射や、免疫抑制薬で行います。


ページの先頭へ