待合室へ



あざ・母斑

体の見えるところ、特に顔にあざがあると気になります。皮膚の病気の中でもとても目立つものですので、皮膚科を受診し、目立たなくすることが可能です。また、種類も数多く、それぞれ症状が違います。

どんな病気?

あざは、周囲の皮膚の色と比べて違って見えるもので、そのあざの色によって様々な種類があります。


皮膚の奇形としてある時期に発生し、徐々に発育して皮膚の色や形の異常があるものを医学的には『母斑』と呼びます。


赤あざ

赤あざは血管種とも呼ばれ、異常に皮膚の血管が増えることでできるあざです。生まれつきあるものや、生後すぐから見られます。

ウンナ母斑

薄い赤いあざがうなじに出来ます。自然に消えることもありますが、残る場合でも髪の毛で目立たなくなるので、特に治療は行いません。

サーモン・パッチ

子供の30%に見られる赤あざで、おでこの真ん中や眉間、目の周囲などに見られます。2歳前後で自然に消えます。

単純性血管種

色だけがつているあざで、盛り上がりなどはありません。火炎母斑、赤ぶどう酒様血管種とも呼ばれています。自然に消えないため、レーザーやドライアイス療法が行われます。

イチゴ状血管種

表面がブツブツしてイチゴのようなあざです。小学校入学の頃までには自然に消えます。

海綿状血管種

赤味はなく、小さな赤い斑点があります。皮膚が少し盛り上がり、皮膚の下にスポンジが入っているような触感です。自然に治ることはありませんので、外科的治療が必要になります。

母斑症

大きな赤いしこりと血小板減少症を伴うカサバッハ・メリット症があり、早めの治療が必要です。単純性血管種のほかに、骨や目に異常が出るため、クリッベル・ウェーバー症候群やスタージ・ウェーバー症候群では全身の検査が必要になります。

青あざ

青あざについてもいくつか種類がありますので紹介していきましょう。

新生児青色斑

蒙古斑とも呼ばれる、お尻にできる青あざです。日本ではほとんどの赤ちゃんにあります。成長と共に消えますが、お尻以外にある場合、残ることもあります。

太田母斑

顔半分にみられる青あざで、白目や口の中に色がつくこともあります。これといった治療法もなく、自然に消えることもありません。

青色母斑

小豆大の青くて小さなしこりが顔や手の甲、体幹に出来ます。悪性化することもありますので、早期治療をする必要があります。

黒あざ

黒いあざは要注意の場合があります。

黒子

あざの細胞が増えたもので、いわゆるホクロです。生後間もない頃にはありませんが、3~4歳頃から現れ始め、成長と共に増えます。自然に消えることはなく、黒子をいじったり傷つけると悪性化することもあります。

母斑細胞母斑

体のどこにでもでき、大きさ、形は様々です。生まれたときすでにあり、黒いだけではなく、毛が生えていたりします。自然に消えることはなく、外科的な治療が必要です。稀に悪性化する場合もありますので、要観察になります。

茶色あざ

手の平大から大型のものまである薄茶色のあざで、皮膚の盛り上がりはありません。生まれつきあるものと、思春期になって出てくるものがあります。自然に消えることはありません。

白あざ

皮膚の色が抜けたようになっている白あざにも種類があります。

白皮症

全身のメラニン色素が生まれつき欠けているので、皮膚の他に、髪の毛も白くなります。部分的に起こったものは、限局性白皮症と言います。自然に治ることはありません。

貧血性母斑

小型の白あざで、毛細血管の働きが悪いために起こります。こすっても赤味がさすことはありません。自然に治ることもありません。

脱色素母斑

生まれつき色素細胞の数が少ないために起こり、大きさは生涯変わりません。

治療法

あざの治療には、レーザー治療やドライアイス療法、手術によるものなどがあります。どの方法がとられるかは、あざの種類や状態によります。


ページの先頭へ